楽天・平石監督「ここからが大事」鷹との直接対決で痛恨の3連敗

楽天・平石監督「ここからが大事」鷹との直接対決で痛恨の3連敗

楽天・平石洋介監督【写真:荒川祐史】

6回途中3失点だった美馬について指揮官は「唯一、高谷の本塁打だけ」

■ソフトバンク 3-2 楽天(5日・ヤフオクドーム)

 楽天が痛恨の3タテを食らい、鷹の背中は遠のいていった。5日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。打線がミスもあって2点止まりに終わり、1点差で競り負けた。試合後、平石洋介監督は「3つ負けたけど、またここからが大事。ズルズルいってもしょうがない」と前を向いた。

 先発の美馬が初回にデスパイネに適時打を浴びて先制点を献上。同点に追いついた直後の5回には高谷に勝ち越しのソロを浴びた。6回途中3失点で降板となった右腕について指揮官は「全体的には良かった。唯一、高谷の本塁打だけ。あそこはもったいなかった」と、ベテラン捕手に献上した今季初本塁打を悔いた。

 打線も5回の藤田の適時打、8回のブラッシュのソロの2点止まり。2回には3四死球で貰った2死満塁のチャンスを生かせず。送りバントの失敗などミスもあり、指揮官は「しっかりと反省しないといけないですね」と語った。

 首位のソフトバンクに3連敗を喫し、その差は7.5ゲーム差に。2位の西武とも6.5ゲーム差となったが、平石監督は「切り替えて、準備をしてしっかりとやっていきたい」と、6日からの西武との直接対決3連戦に視線を向けていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)