ホークス工藤監督、V弾・高谷の攻守奮闘を称賛「チームになくてはならない存在」

ホークス工藤監督、V弾・高谷の攻守奮闘を称賛「チームになくてはならない存在」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

6日から天敵ロッテ4連戦「みんなで一丸となって1日1日大切に戦っていく」

■ソフトバンク 3-2 楽天(5日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは5日、楽天戦で3-2で勝利し、同一カード3連勝。ここまで2勝を献上していた美馬学投手に黒星をつけた。

 初回、先頭・牧原の安打をきっかけにデスパイネのタイムリーで1点を先制。先発・中田が5回に同点とされるも、直後の5回裏には高谷の1号ソロですぐさま勝ち越しに成功。6回には2死から内川聖一と松田宣浩の連続2塁打で1点を追加。8回にモイネロがブラッシュにソロ弾を許すも、1点差で逃げ切った。工藤公康監督は「(楽天に)3連勝できたのは非常に大きい」とし、まずは攻守で活躍した高谷裕亮を称えた。

「試合に出なくても早くから来て準備している常日頃の成果だと思います。試合を見て打者の傾向を見ているからこそ良いリードができる。練習にしても(甲斐)拓也君へのアドバイスにしても、チームになくてはならない存在です」

 また、デスパイネの先制打も6回の追加点も2死から奪った得点。指揮官は「どれも貴重な得点になりました」と満足気に語った。8回からはともに3連投となるモイネロと森唯斗がマウンドへ。1点差で逃げ切り、「3日連続は精神的にもきついと思いますが、よく投げてくれました」と労った。

 また、この日は守備も光った内川について「集中力がいいなと思います。アグレッシブに捕りに行っている。9回の先頭を出すと嫌だったが、牧原君もよくフォローしてくれた」と、守り勝ちの一面も強調した。6日からは天敵のロッテを迎えての4連戦。「分が悪いとかではなく、みんなで一丸となって1日1日大切に戦っていく。ヤフオクドームでたくさんの方に見て頂けるので、しっかりといいゲームにしたい」と前を向いていた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)