【MLB】2006年ワールドシリーズV戦士が脳腫瘍で死去 38歳のクリス・ダンカン氏

【MLB】2006年ワールドシリーズV戦士が脳腫瘍で死去 38歳のクリス・ダンカン氏

カージナルスでプレーしていた当時のクリス・ダンカン氏【写真:Getty Images】

ドラフト1巡目でカージナルス入団、メジャー通算389試合出場

 元カージナルスの外野手クリス・ダンカン氏が6日、脳腫瘍のため亡くなった。38歳だった。球団が発表した。

 ダンカン氏は1999年にドラフト1巡目でカージナルスに指名され、入団。2005年にメジャーデビューした。06年には90試合に出場して打率.293、22本塁打をマーク。ワールドシリーズ制覇に貢献した。カージナルスには09年途中まで在籍。10年に引退した。メジャー通算389試合出場で打率.257、55本塁打、175打点。父のデーブ・ダンカン、兄のシェリー・ダンカンも元メジャーリーガー。

 引退後に悪性脳腫瘍が見つかり、2012年10月に治療を開始した。今年1月に再発したという。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)