【U-18W杯】奥川“世界デビュー”の衝撃 カナダ脱帽「素晴らしい」「ササキは聞いてたが…」

【U-18W杯】奥川“世界デビュー”の衝撃 カナダ脱帽「素晴らしい」「ササキは聞いてたが…」

侍ジャパンU-18代表の星稜・奥川恭伸【写真:荒川祐史】

「佐々木だったかな…彼のことは聞いていた」と4番打者 チームは奥川に完敗

■日本 5-1 カナダ(5日・機張)

「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)を戦う野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は5日、スーパーラウンド初戦でカナダと対戦。5-1で勝利を収めた。今大会初登板初先発の奥川恭伸(星稜)は7回18奪三振、2安打1失点。その1点を本塁打で記録したカナダの4番ディオダディ、U18カナダ代表のグレゴリー監督は、奥川の投球に「素晴らしかった」と脱帽した。

 ディオダディは第2打席で奥川の内角高めの直球を振り抜き、本塁打にした。しかし、三振も喫し、3打数1安打だった。「彼らは僕らとカナダで対戦した時とは、非常に異なるプレーをしていました。ピッチャーも素晴らしかったです。日本についてはよくは知りませんでしたが、ピッチャーが良い球を投げるので、バッターにとって難しくなることはわかっていました」。前回大会では、清宮(日本ハム)、安田(ロッテ)、2年生だった藤原(ロッテ)、小園(広島)らがスタメン出場した日本にスーパーラウンドで6-4で勝っていたカナダ。しかし、今回は日本の投手陣に打線を封じられた。

 ただ、奥川が「パワーを感じた」と振り返ったように、打球に力はあった。ディオダディは「最初の打席で三振をしたので、そこから学ぼうと努めました。2ストライクになるまではファストボールに手を出さず、次に投げてきたファストボールに対して、いいスイングをしようと思っていました」と狙い打った当たりであったことを明かした。ただ、簡単には対応できない投手だった。

 日本の投手について、佐々木朗希の名前は知っていたが、奥川の名は知らなかったという。「ササキだったかな? 僕らは彼のことは聞いていましたが、今日先発したピッチャーもとてもよかったです」。また、敵将のグレゴリー監督も日本の野球を称賛。「いい試合だったと思います。日本の選手は素晴らしかった。我々はバントのようなプレーをきちんと成功させられなかった。質の高い相手にはそういったプレーをきちんと成功させなければいけません。彼(奥川)はとてもいいピッチャーです。素晴らしいと思います」と話していた。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)