BC栃木の元G寺内監督、“選手目線”で初V「知識も足りないが、会話をする中で…」

BC栃木の元G寺内監督、“選手目線”で初V「知識も足りないが、会話をする中で…」

BC栃木・寺内崇幸監督【写真:細野能功】

寺内監督は監督就任1年目で初優勝を飾った

 BCリーグ栃木は5日の茨城戦(光と風の丘公園球場)に6-1で勝ち、東地区後期優勝を決めた。リーグ参戦3年目で初優勝となった。

 2回に先制し、5回打者一巡の猛攻で5点を奪い試合を決めた。投げては先発斎藤が7回まで丸茂のソロアーチ1点にしのぎ、10勝目を挙げた。ナインから胴上げされた寺内崇幸監督は就任1年目の優勝で「プレッシャーのある中で、普段通りの野球ができた。勝ちにこだわった選手の頑張りがもたらした優勝。NPBと違い野球の知識も足りないが、会話をする中で、野球に対して真摯に向き合う姿勢が生まれた。(選手たちが)成長したと思えるからこその結果」と話した。

 谷津主将は「いつもと変わらず、冷静に(試合に)入れた。前期は投手が頑張っても、打てないことが多く、後期は野手が頑張ろうと話し合ったが、投打が噛み合った」と勝利の要因を挙げた。4回無死満塁で右中間へ走者一掃の二塁打を放ち、勝利の立役者になった内山翔は「ここで決めてやろうと思って、打席に入った。最悪犠飛でもいいと、高めの球を狙った。プレッシャーのある中で、落ち着いて打席に入れたのは、(自分でも)成長を感じる」と胸を張った。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)