【U-18W杯】奥川は「マシーン」―韓国記者が脱帽、制球力はMLBスカウト評価の最高クラス!?

【U-18W杯】奥川は「マシーン」―韓国記者が脱帽、制球力はMLBスカウト評価の最高クラス!?

侍U18奥川を韓国記者が絶賛

【U-18W杯】奥川は「マシーン」―韓国記者が脱帽、制球力はMLBスカウト評価の最高クラス!?

侍ジャパンU-18代表の星稜・奥川恭伸【写真:荒川祐史】

7回1失点18Kの快投を絶賛「ここまで圧倒的な投球にお目にかかることは少ない」

■日本 5-1 カナダ(5日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で開催されている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)はスーパーラウンドに突入した。5日に初戦が行われ、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はカナダと対戦。今大会初先発初登板となった奥川恭伸投手(星稜)が、7回2安打18奪三振1失点の快投で5-1での勝利に大きく貢献した。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などに寄稿する韓国人コラムニストも「すでに制球は最上級」「彼はマシーン」と絶賛している。

 衝撃の103球でカナダ打線を封じ込めた奥川は海外からも称賛を集めている。「ジ・アスレチック」や米野球データ専門メディア「ファングラフス」で記事を執筆するキム・スンミン記者は、自身のツイッターで「これが日本の右腕ヤスノブ・オクガワがカナダ戦で見せた18奪三振パフォーマンスの一部。彼についてはさらに記述するつもりだが、すでに制球ではグレード70を保持しているかもしれない。ここまで圧倒的な投球にお目にかかることは少ない」と大絶賛。バックネット裏から撮影した奥川の三振ハイライト動画も紹介した。

 グレード70とはメジャーのスカウトが選手を評価する「スカウティングスケール」での数字。20が最低評価で、50が平均的。最高の80はレジェンドクラスだが、70は伝説の名投手クラスに次ぐ高評価となっている。

 メジャー情報にも詳しい同記者は、試合中には「日本の右腕ヤスノブ・オクガワは“マシーン”だ。彼はカナダ打線から4回で11奪三振を記録した。唯一のミスは4回のソロHRだけだ。おそらくこのトーナメントで私がこれまで目にした中で、最も完成された投手だ」とも投稿しており、目の当たりにした奥川の投球に驚かされたようだ。

 海外メディアから絶大な制球力の持ち主と認められた奥川。今大会では、すでにメジャー球団とマイナー契約を結んでいる投手や、MLBスカウトから注目されている投手が他にもいる。ただ、大会を通じて自身の取材情報を発信しているキム記者は、マウンドに上がった中では奥川が“別格”の存在と認めている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)