日ハム斎藤佑、1軍昇格アピールならず…3回2被弾5失点炎上

日ハム斎藤佑、1軍昇格アピールならず…3回2被弾5失点炎上

日本ハム・斎藤佑樹【写真:荒川祐史】

イースタン西武戦で3回2被弾6安打5失点だった

 日本ハムの斎藤佑樹投手は6日、イースタン・西武戦(鎌ケ谷)で先発。3回6安打5失点だった。

 初回、先頭・西川を空振り三振。山田の四球と二盗などで2死二塁とし、戸川の左前適時打で先制点を献上した。2回は先頭・愛斗を遊飛、高木渉を遊ゴロに仕留めた。2死から呉念庭の中前打、綱島の右中間二塁打で二、三塁としたものの、牧野を一直に打ち取った。

 3回は先頭・西川に場外へ消える右越えソロを被弾。山田は遊ゴロに打ち取ったが、山野辺に左翼ポール際へソロを浴びた。戸川の二失、愛斗の右翼フェンス直撃二塁打、高木渉の四球で1死満塁とされ、呉念庭に中犠飛を許した。続く2死二、三塁では暴投で失点。綱島を四球で歩かせて招いた同一、三塁では牧野を空振り三振に仕留めた。

 4回から立田が2番手として登板した。斎藤は3回73球を投げ、3奪三振3四球、6安打5失点だった。試合前まで今季2軍で16試合登板、4勝1敗、防御率3.12。1軍昇格へアピールしたいところだったが、結果を出せなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)