【U-18W杯】佐々木、投げる前から海外記者も大注目で“右往左往”!? 「デビューすると噂が…」

【U-18W杯】佐々木、投げる前から海外記者も大注目で“右往左往”!? 「デビューすると噂が…」

侍ジャパンU-18代表の大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

カナダ戦でのデビューはお預けも「日本の天才投手であるロウキ・ササキが…」

■日本 5-1 カナダ(5日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は6日、スーパーラウンド第2戦が行われる。「侍ジャパン」高校代表は5日の初戦でカナダに5-1で勝利。今大会初登板初先発の先発・奥川恭伸投手(星稜)が7回2安打18奪三振1失点の快投を見せた一方で、佐々木朗希投手(大船渡)はブルペン待機も登板はなし。163キロ右腕に注目する海外メディアも“右往左往”していたようだ。

 試合前、海外メディアには佐々木が登板する可能性があるとの情報が入ったようで、マイナーリーグやWBSC(世界野球ソフトボール連盟)で記者活動を行っているタイラー・モーン氏はツイッターでこうつぶやいた。

「日本の天才投手であるロウキ・ササキが今夜、U-18W杯でデビューするという噂が、少し前までこの現場で飛び交っていた。しかし、彼は今夜先発登板することはないだろう。日本はもう一人のエースであるヤスノブ・オクガワにカナダ戦を託す」

 モーン氏のつぶやき通り、日本は奥川が先発。カナダ相手に衝撃的な奪三振ショーを披露する中、佐々木はブルペンで力強い投球を見せ、登板に備えていた。しかし、打線が7回にノーヒットで3点を奪って4点差としたこともあり、デビューはお預けに。試合後、本人は「展開によっては行くかもしれないと。投げるつもりで作っていた」と明かしていた。

 海外メディアも今か今かと待ちわびる佐々木の“世界デビュー”。ブルペンで投球を始めればメディアやファンが集結するなど、まだ試合のマウンドに上がっていないにもかかわらず、163キロ右腕の注目度は現地でも抜群に高い。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)