5割近い打率が必要? 山田哲人、奇跡の4度目「トリプルスリー」への鍵は…

5割近い打率が必要? 山田哲人、奇跡の4度目「トリプルスリー」への鍵は…

ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】

史上唯一の3度の「トリプルスリー」達成も今季は打率が…

 ヤクルトは下位に低迷しているが、今季の山田哲人内野手は連続盗塁記録をマークするなど、活躍している。山田哲は史上唯一の3度の「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)」の記録を持っている。今季はすでに30本塁打、30盗塁をクリアしている。打率3割をマークすれば「4回目」となるが、今季は打率が上がらない。

○山田哲がレギュラーになった2014年以降の主要成績(※はトリプルスリー)

2014年 143試596打193安29本89点15盗 打率.324
2015年 143試557打183安38本100点34盗 打率.329※
2016年 133試481打146安38本102点30盗 打率.304※
2017年 143試526打130安24本78点14盗 打率.247
2018年 140試524打165安34本89点33盗 打率.315※
2019年 127試470打129安33本87点33盗 打率.274

 山田哲はきれいに数字をそろえてきている。2015、2016年とトリプルスリーを記録。2017年は不振だったが、2018年には3回目を記録。今季も本塁打、盗塁は「30」を超えている。しかし、打率はかなり厳しい。

 もともと3割を打つことにあまり苦労はしていなかった。2014年に193安打で最多安打のタイトルを獲得したように、安打製造機だった時代がある。しかし、最近の打撃はレギュラーになった当時とはかなり変わってきている。

単打の割合が減少、右方向への打率も下落

 2014年以降の山田哲の安打の内訳を見ていこう。単は単打=シングルヒット。

2014年 193安打(単124 二39 三1 本29)
2015年 183安打(単104 二39 三2 本38)
2016年 146安打(単79 二26 三3 本38)
2017年 130安打(単80 二25 三1 本24)
2018年 165安打(単97 二30 三4 本34)
2019年 129安打(単65 二27 三4 本33)

 2014、15年とシングルヒットは100本を超えていた。しかし、今季は16試合を残して単打数が2014年の半分近い65本。長打数は前年までとほとんど変わらない。

 山田哲の打球は、長打は左翼方向に多いが、単打は右翼も含め広角に飛んでいる。しかし、右方向の打撃成績は、昨年が63打数24安打の打率.381だったのに対し、今季は71打数17安打の打率.239となっている。

 ヤクルトの今季残り15試合で、上位を打つ山田哲には75打席程度が残されているが、仮に579打席で98四球を選んでいる今季ここまでと同じペースで四球を12個選ぶとして最終打数を533とすると、打率3割は160安打だ。

 残り試合を63打数31安打、打率.492をマークしなければならないことになる。非常に厳しい。山田哲人には最後の頑張りを期待したい。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)