ロッテ・マーティンが大失態 平凡な飛球を2度も落球するエラー、いずれも失点に直結

5回に松田宣の飛球を落とすと、6回には内川の飛球を落球

■ソフトバンク – ロッテ(6日・ヤフオクドーム)

 ロッテのレオネス・マーティン外野手が、まさかの2度の大失態を犯した。6日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。5回、そして6回と2イニング連続で平凡なフライを落球する失策を犯した。

 まず5回だ。無死一塁から松田宣の中堅後方へ飛んだ飛球。後退して落下点へと入ったが、打球はグラブから溢れ出て、グラウンドへポトリ。無死一、二塁となると、ボルシンガーが、その後今宮の犠打、甲斐の中前適時打で先制点を奪われた。

 さらに6回だ。2死からグラシアルが左前安打で出塁すると、今度は内川が平凡な中堅への飛球を打ち上げた。これでチェンジ、と思われた瞬間、またしてもマーティンがこれを落球。2死でスタートを切っていたグラシアルは一気に本塁まで生還して2点目を奪われた。

 これまでレーザービームなど守備でもチームに貢献していたマーティンだったが、首位ソフトバンクとの直接対決でまさかの2失策。いずれも失点に直結する大失態となった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)