巨人、拙攻で泥沼6連敗 燕バレンティンV弾で30発トリオ誕生

巨人、拙攻で泥沼6連敗 燕バレンティンV弾で30発トリオ誕生

ヤクルトのウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】

初回にバレンティンが30号2ラン 日米通算300本塁打

■ヤクルト 5-2 巨人(6日・神宮)

 巨人は6日、神宮球場で行われたヤクルト戦で2-5で惜敗。泥沼の6連敗を喫した。

 連敗脱出へ丸を2番、坂本を3番に起用した。初回2死から坂本の二塁打、岡本の四球で一、二塁としたが、ゲレーロが中飛。2点を追う4回にゲレーロの適時打など4連打で1点を返したが、無死満塁で増田が中飛。小林は痛恨の併殺打に倒れた。6回1死一、二塁では増田が併殺打、7回1死一、三塁では丸が三邪飛、坂本が遊飛に倒れた。先発の高橋は6回5安打2失点で5敗目。

 ヤクルトは初回にバレンティンの30号2ランで先制。日米通算300本塁打(MLB15本、NPB285本)のメモリアル弾となった。チームでは山田哲、村上に続く3人目で、1992年(ハウエル、古田、池山)以来27年ぶりとなる“30発トリオ”の誕生となった。8回には松本直の犠打野選、代打・青木の押し出し死球などでダメ押した。先発の石川は6回7安打1失点で7勝目。チームは対巨人戦の連敗を3で止めた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)