【U-18W杯】日本、韓国に延長サヨナラ負けで決勝進出厳しく…永田監督「敗れたら私の責任」

【U-18W杯】日本、韓国に延長サヨナラ負けで決勝進出厳しく…永田監督「敗れたら私の責任」

侍ジャパンU-18代表・永田裕治監督【写真:荒川祐史】

タイブレークの延長10回に2点も直後の3失点で逆転サヨナラ負け

■韓国 5-4 日本(6日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は6日、スーパーラウンド2戦を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は延長10回、4-5で韓国にサヨナラ負け。決勝進出の可能性は残っているが、悲願の世界一は極めて厳しい状況となった。永田裕治監督は「厳しい試合でした。やはり敗れると私の責任ですので。選手たちはよくやってくれました。また明日、引き締めて頑張りたいと思います」と悔しさをにじませた。

 波乱の幕開けとなった。先発の佐々木が右手中指の出血で1回19球で緊急降板。それでも2回からは「5番・右翼」でスタメン出場の西がマウンドに上がり序盤からDHを解除する総力戦。西が5回まで無失点。飯塚が6回を無失点に抑えた。

 好投を続ける投手陣に打線は7回に援護。2死一、二塁から代打・熊田の右前適時打で先制。続く水上も中前適時打で続き2点を奪った。だが、2点リードの8回。左腕・宮城が先頭から連打などで2死二、三塁のピンチを招くと5番パク・ジュホンのゴロを三塁・石川が一塁へ悪送球。2人の走者が生還し同点に追い付かれ試合は延長に突入した。

 延長10回は無死一、二塁から始まるタイブレーク。日本は番・森が犠打を決め1死二、三塁のチャンスを作ると武岡が右越へ2点タイムリー二塁打で勝ち越しに成功した。しかし、その裏に登板した左腕・林がバント処理で一塁へ悪送球し1点差に。ここで日本は池田を投入したが1死満塁から押し出し四球で同点に追い付かれると韓国打線を止められずサヨナラ負けを喫した。

 日本は6日の豪州戦に勝利すれば、決勝進出する可能性は残っているが、悲願の世界一は極めて厳しい状況となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)