【U-18W杯】侍J佐々木、右手中指出血で緊急降板 竹中事務局長「今日作っている時に再発した」

【U-18W杯】侍J佐々木、右手中指出血で緊急降板 竹中事務局長「今日作っている時に再発した」

韓国戦に先発も1回でマウンドを降りた侍ジャパンU-18代表の大船渡・佐々木朗希(左)【写真:荒川祐史】

「様子を見て、相談して1回で降板となった」

■韓国 5-4 日本(6日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は6日、スーパーラウンド2戦を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は延長10回、4-5で韓国にサヨナラ負け。決勝進出の可能性は残っているが、悲願の世界一は極めて厳しい状況となった。永田裕治監督は「厳しい試合でした。やはり敗れると私の責任ですので。選手たちはよくやってくれました。また明日、引き締めて頑張りたいと思います」と悔しさをにじませた。

 先発の佐々木が右手中指の出血で1回19球で緊急降板。2回からは「5番・右翼」で先発出場の西がマウンドに上がり、指名打者を解除する総力戦に。7回に熊田、水上の適時打で2点先制したが、8回に三塁・石川の失策から同点に。タイブレークの延長10回に武岡の2点二塁打で勝ち越したが、直後に投手・林の失策から3点を失ってサヨナラ負けした。

 高野連の竹中事務局長は佐々木の緊急降板について、「昨日の試合がああいう状況で雨の中で何度も作っていた。今日作っている時にマメができ再発した。様子を見て、相談して1回で降板となった。ブルペンでも違和感はあったが、本人からは言わなかったようだ」と説明した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)