広島緒方監督、九里&會澤に賛辞「今日はヒーローインタビューの2人だよね」

広島緒方監督、九里&會澤に賛辞「今日はヒーローインタビューの2人だよね」

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

先発の九里は7回3失点で8勝目、會澤は先制弾に2点打

■広島 6-3 阪神(6日・マツダスタジアム)

 広島は6日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に6-3で勝利した。先発の九里が7回3失点の好投で8勝目。打線は會澤が3打点で九里を援護した。緒方監督は「今日はヒーローインタビューの2人、九里と會澤だよね」と、揃ってお立ち台に上がったバッテリーを勝因に挙げた。

 7回までに3点を失った九里だが、自責点は1。6回に2死から糸原のタイムリーで1点を献上した後、なおも1、2塁の場面で高山の遊撃後方へのフライを三好が落球して2点が入った。緒方監督は「九里はもう1イニング投げて欲しいというところで、しっかり投げてくれた。6回に不運なことがあった後で、よく頑張ってくれた」と、7回を投げ切った先発投手を称賛した。

 攻撃陣では會澤が2回に先制11号ソロを放つと、3回に2点打。2打席連続タイムリーで試合の主導権を引き寄せた。指揮官は「攻撃のつながりという意味でも、いい働きをしてくれた」と喜んだ。

 試合中のインターバルの間に、米国から引退の決まったエルドレッドから生中継でのメッセージが流された。緒方監督は「ライブだったんでしょ」と驚いた様子だった。「来年からカープのためにスカウトとして頑張ってくれるみたいだし、ファンの人にも最後のあいさつということでね」と話し終えた後、質問した記者に「関係ないよね、試合とは。じゃあね」と言い残してロッカールームに引き上げた。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

関連記事(外部サイト)