広島九里、阪神高橋遥との亜大対決で先輩の意地「負けたくない気持ち」

広島九里、阪神高橋遥との亜大対決で先輩の意地「負けたくない気持ち」

広島・九里亜蓮【写真:荒川祐史】

7回2安打3失点で8勝目「會澤さんが強気のリードをしてくれた」

■広島 6-3 阪神(6日・マツダスタジアム)

 広島の九里亜蓮投手が6日の阪神戦(マツダスタジアム)で先発し、7回3失点の好投で8勝目を挙げた。7回まで3失点も自責点は1。107球を投げて2安打、7奪三振、2四球と安定した投球を見せた。6回に味方の失策もあり3失点したが、そこで崩れることなく7回まで投げ切った。九里は「フォアボールも出してしまったが、1人1人アウトを取るという気持ちで投げることができた。そこだけですね」と自らの投球を振り返った。

 相手先発の高橋遥人は亜細亜大学の後輩。「負けたくないという気持ちで、先に点を与えないように、それだけを思ってマウンドに上がった」と先輩の意地を見せた。シーズン途中にはリリーフに転向した時期もあったが、後半戦は離脱者が目立ってきた投手陣で先発ローテを守り続けている。「悪い時は四球を出して崩れるパターンが多かったので、とにかくゾーンの中に投げることだけを考えている。會澤さんが強気のリードをしてくれたので、ミットを目がけて思い切り投げた」。3打点と打撃でも援護を受けた女房役にも感謝した。

 3位争いのライバルとの直接対決で8勝目を挙げた九里は自己最多の9勝にあと1勝。自身初となる2桁勝利に到達することになれば、チームはクライマックスシリーズ進出に大きく近づくことになる。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

関連記事(外部サイト)