【U-18W杯】佐々木朗希の異変に気付いた女房役 「ボールに少し血がついていた」

【U-18W杯】佐々木朗希の異変に気付いた女房役 「ボールに少し血がついていた」

韓国戦に先発も1回でマウンドを降りた侍ジャパンU-18代表の大船渡・佐々木朗希(左)【写真:荒川祐史】

試合前のブルペンでは好調を維持「今日はいけるかなと思ったのですが…」

■韓国 5-4 日本(6日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は6日、スーパーラウンド2戦を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は延長10回、5-4でサヨナラ負け。先発の佐々木朗希投手(大船渡)が初回19球で降板となったが、女房役の水上は「ボールに少し血がついていた」と異変に気づいたことを明かした。

 今大会初登板初先発となった佐々木。初回は最速153キロの直球で1回無安打無失点で切り抜けたが2回のマウンドに姿はなかった。イニング途中で永田監督がマウンドに駆け寄り右手中指の状態を確認するなど、マメが再発しての降板となった。

 捕手の水上は試合後、「朗希が言う前にベンチにサインを送った」と、初回の2番、3番打者の時に異変に気付いたようで「ボールに少し血がついていた。マメがちょっとダメなのかなと」と語り、血染めのボールを見て投球が困難であることを悟った。

 前日のブルペンでは好調をキープし、この日の試合前にも「ブルペンでは結構いい球が来ていて今日はいけるかなと思ったのですが…。少しコントロール定まってなかったのとシュート気味にストレートがなっていた」と語っていた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)