【U-18W杯】完全アウェーに飲まれ…林が痛恨の悪送球「落ち着いてプレーが…」

【U-18W杯】完全アウェーに飲まれ…林が痛恨の悪送球「落ち着いてプレーが…」

10回裏、無死一、二塁から林優樹が一塁へ悪送球【写真:荒川祐史】

タイブレークで2点を勝ち越した直後の4番手で登板も…

■韓国 5-4 日本(6日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は6日、スーパーラウンド2戦を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は延長10回、4-5で韓国にサヨナラ負け。タイブレークの延長10回に2点を勝ち越した後、4番手の林優樹投手が無死一、二塁から犠打を一塁へ悪送球。1点差とされると、救援した池田陽佑投手が押し出し四球と犠飛を浴びて、逆転負けを喫した。

 痛恨のサヨナラ負けにつながるタイムリー失策。試合後、林は「悔しいです。落ち着いてプレーができなかった」と肩を落とした。ミスをしたが、永田監督をはじめ、チーム内の信頼が厚いからこそ、大事な場面で送られたことも事実。それでも「信頼して使ってくれたからこそ、何とかしなかった。バントをしっかりやらせて、1つのアウトを取ろうと思っていましたが、1つもアウトを取れなかった」と責任を背負った。

 甲子園などを通じても強気な投球で、いくつもの厳しい場面を乗り越えてきたが、完全アウェーの空気に飲まれた。日本の世界一は極めて難しくなったが、「しっかりと反省して、残り試合、何としても貢献できるように頑張りたい」と声を振り絞った。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)