【U-18W杯】日本は「負けるべくして負けた」主将は守備ミス&逆転サヨナラ負けに自責の念

【U-18W杯】日本は「負けるべくして負けた」主将は守備ミス&逆転サヨナラ負けに自責の念

侍ジャパンU-18代表は延長10回タイブレークの末4-5で韓国代表に敗れた【写真:荒川祐史】

2点リードの8回に石川が一塁へ悪送球で同点、延長10回は林の一塁悪送球から逆転サヨナラ負け

■韓国 5-4 日本(6日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は6日、スーパーラウンド2戦を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は延長10回、4-5で韓国にサヨナラ負け。決勝進出は厳しい状況となった。

 先発の佐々木が初回19球で緊急降板。課題だった守備のミスで同点、そして逆転サヨナラ負けと波乱続きのゲームに主将の坂下は「負けるべくして負けた。自分もチームをまとめることができず悔しいです」と唇をかんだ。

 2点リードで迎えた8回は2死二、三塁から三ゴロを処理した石川が一塁へ悪送球。2人の走者が生還し一気に同点に追い付かれた。さらに2点を勝ちこした直後の延長10回、左腕の林が無死一、二塁から犠打を一塁へ悪送球し1点差。さらに代わった池田が押し出し四球と犠飛で逆転サヨナラ負けした。

「守備のミスですが全員のミス。スタッフさんが夜通し(相手の)データなど取ってくれていて……。やっぱりそういう期待に応えられなくて申し訳ないです」

 スーパーラウンドでの通算成績が2勝2敗となり自力での決勝進出が消滅。悲願の世界一に向け厳しい状況となった。「まだ、試合は終わっていない。何があるか分からない、もう1回できるようにやるだけです」と前を向いた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)