【U-18W杯】緊急登板の西が好救援&スーパー返球 ブルペンでは「10球投げたぐらい」

【U-18W杯】緊急登板の西が好救援&スーパー返球 ブルペンでは「10球投げたぐらい」

侍ジャパンU-18代表・西純矢【写真:荒川祐史】

2回から緊急登板も4イニングを5安打無失点、9回のピンチではスーパー返球でサヨナラを阻止

■韓国 5-4 日本(6日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は6日、スーパーラウンド2戦を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は延長10回、5-4でサヨナラ負け。先発の佐々木が1回19球で緊急降板もスクランブルの2番手・西純矢投手(創志学園)は4イニングを5安打無失点、左翼の守備ではサヨナラを防ぐスーパー返球を見せた。

「初回の攻撃の前にもしかしたら早めから行くかもしれないと。キャッチャー座らせてのピッチングせずにのマウンドだった。10球投げたぐらいだったので…」

 佐々木のアクシデントを受け、慌ただしく肩を作った。DHを解除するほど想定外の状況、チームは負けられない1戦で西にマウンドを託した。

 毎回走者を許しながらも要所を締め4イニングを無失点。6回からは左翼のポジションに戻ると9回2死一、二塁のピンチで左翼線へ打球が飛んできた。

「あそこはもう、飛んできたときに絶対刺さないといけないと思った。あれは奇跡です」

 打球を処理した際には韓国ベンチ、球場はサヨナラを確信し大歓声に沸いていたが、態勢が悪い状況でもそれを吹き飛ばす強肩で完璧なストライク送球を見せ阻止してみせた。

 試合は延長10回に痛恨の逆転サヨナラ負けを喫したが、スクランブル登板にも動じなかった西。64球を投げ7日の豪州戦では登板できないが「絶対に打って決勝に進めるようにしたい」。不屈の男は最後までファイティングポーズを崩すことはない。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)