【U-18W杯】日本と韓国、両国選手が見せた“スポーツマンシップ”にファン感動「これはいい場面」

侍ジャパンU18が韓国にサヨナラ負け 両国の選手が見せたスポーツマンシップに喝采

記事まとめ

  • 侍ジャパン高校代表は、タイブレークの末に、4-5で韓国にサヨナラ負けした
  • 宮城が韓国のリー・ジュヒョンに死球を与えた際に帽子を取って“謝罪”の一礼をした
  • リー・ジュヒョンもヘルメットを脱ぎ応え、両選手を喝采するコメントが並んでいる

【U-18W杯】日本と韓国、両国選手が見せた“スポーツマンシップ”にファン感動「これはいい場面」

【U-18W杯】日本と韓国、両国選手が見せた“スポーツマンシップ”にファン感動「これはいい場面」

侍ジャパンU-18代表は延長10回タイブレークの末4-5で韓国代表に敗れた【写真:荒川祐史】

死球を与えた宮城が帽子を取って一礼、韓国選手もヘルメット脱ぎ礼を返す

■韓国 5-4 日本(6日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は6日、スーパーラウンド第2戦を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は延長10回、タイブレークの末に、4-5で韓国にサヨナラ負け。決勝進出は極めて厳しい状況となった。

 先発の佐々木朗希投手は右手中指のマメを潰し、1回19球で緊急降板するアクシデントから始まった宿敵・韓国との一戦。7回に代打・熊田、水上の適時打で2点を先制したが、8回に追いつかれて延長戦へ。タイブレークとなった10回、日本は武岡の2点適時二塁打で2点のリードを奪ったが、その裏、ミスなどが絡んで3点を奪われてサヨナラ負けを喫した。

 激戦を繰り広げることとなった日本と韓国だが、この試合中、両国の代表選手が見せた“フェアプレー”の精神が見えた場面があった。WBSCの公式ツイッターも注目し「日本と韓国、リスペクト」と動画で紹介している。

 この場面は9回、韓国の攻撃中だった。2死一塁で宮城が韓国の1番リー・ジュヒョンに死球を与えた。一塁へと進んだリー・ジュヒョンに対し、宮城は帽子を取って“謝罪”の一礼をした。すると、これに対してリー・ジュヒョンもヘルメットを脱いで、頭を下げて応えたのだった。

 大会前から日韓関係が取り沙汰される中で開催された、この「WBSC U-18ワールドカップ」だが、選手同士はフェアプレーの精神を発揮。このシーンにファンからは「“フェア”シップ、“自然な”精神」「負けたのは残念だけど、この場面を見られたのはよかった」「観ていたけど、これはいい場面だった」「本当のスポーツマンシップ」と、両選手を喝采するコメントが並んでいた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)