【U-18W杯】奥川恭伸、不完全燃焼も“プロ入り”表明 「プロでやりたいと思っている」

星稜高校の奥川恭伸投手が“プロ入り”表明 U18W杯で不完全燃焼も「プロでやりたい」

記事まとめ

  • 「WBSC U-18ベースボールワールドカップ」で日本代表は1-4でオーストラリアに敗れた
  • 5日のカナダ戦で18三振を奪った星稜高校の奥川恭伸は事実上の“プロ入り”を表明した
  • 「負けて悔しい気持ちでいっぱい」と唇をかんだ奥川は「プロでやりたい」と話した

【U-18W杯】奥川恭伸、不完全燃焼も“プロ入り”表明 「プロでやりたいと思っている」

【U-18W杯】奥川恭伸、不完全燃焼も“プロ入り”表明 「プロでやりたいと思っている」

星稜・奥川恭伸【写真:荒川祐史】

5日のカナダ戦では7回2安打1失点、18奪三振の快投も、今大会では1試合の登板で終える

■オーストラリア 4-1 日本(7日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で開催されている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は7日、スーパーラウンドの最終戦が行われ、野球日本代表「侍ジャパン」は1-4でオーストラリアに敗れ。奥川恭伸投手(星稜)は「プロでやりたいと思っているので、これから色々な人と相談して話していきたい」と、事実上の“プロ入り”を表明した。

 3点ビハインドの9回。「追いついたら行くぞ、と言われていた」と、味方を信じブルペンで準備を始めたが思いは届かずゲームセットを迎えた。

 決勝進出を逃し2勝3敗となり3位決定戦にも進むことができなかった。夏の甲子園決勝からの疲労を取るため、オープニングラウンドで登板なし。それでも5日のカナダ戦では7回2安打1失点、18奪三振の快投を見せ日本のエースとして存在感を見せつけた。

 チームは悲願の世界一を逃し、自身もわずか1試合の登板に終わり「世界一を目標にやってきた。去年の借りを返す意味でも負けて悔しい気持ちでいっぱい」と唇をかんだ。

 注目の進路については「プロでやりたいと思っているので色々な方と相談して話していきたい。100%、固まっていませんが」と“プロ入り”を表明。「小さい頃からの夢でそこを目指してやってきた。その世界に入っても活躍したい気持ちはある」と、さらなるレベルアップを誓っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)