【MLB】大谷翔平、12戦ぶりマルチで逆転勝ちに貢献 エ軍は連敗4でストップ

【MLB】大谷翔平、12戦ぶりマルチで逆転勝ちに貢献 エ軍は連敗4でストップ

三塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2試合ぶりに「5番・DH」でスタメン出場

■エンゼルス 5-4 Wソックス(日本時間7日・シカゴ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地でのホワイトソックス戦に2試合ぶりに「5番・DH」で先発出場した。初回の第1打席で今季14勝をマークしている右腕から2試合ぶりの安打となる左翼線を破る二塁打、第3打席では右翼線を破る三塁打を放ち4打数2安打。12試合ぶりのマルチ安打を放ち、チームの連敗ストップに貢献した。

 4日(同5日)のアスレチックス戦で今季スタメン85試合目にして初めて3番ではなく、5番で出場した大谷。だが、打撃妨害で1度出塁したのみで3打数無安打3三振。この試合を含めた直近5試合は16打数1安打の打率.063、10三振と調子を落とし、5日(同6日)のアスレチックス戦ではスタメンから外れて出場機会はなかった。

 今季14勝をマークしているジオリートから、第1打席で痛烈な左翼線を破る二塁打を放った大谷。第2打席では外角高めにバットが空を切って空振り三振に倒れたが、第3打席では外角のチェンジアップを右手一本で捉えて右翼線を破った。快足を飛ばして一気に三塁まで進んで、今季5本目の三塁打とした。

 9回の第4打席では見逃し三振に終わったものの、8月20日(同21日)のレンジャーズ戦以来となるマルチ安打とした。エンゼルスは8回、途中出場のグッドウィンが同点の2ランを放つと、9回にアップトンが勝ち越しのソロ本塁打を放って逆転勝ち。連敗を4で止めた。大谷の今季成績は、101試合の出場で、364打数105安打16本塁打55打点、打率.288となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)