【U-18W杯】日本、拙守が続き2回に一挙4失点で逆転許す 決勝進出へは勝利が絶対条件も…

【U-18W杯】日本、拙守が続き2回に一挙4失点で逆転許す 決勝進出へは勝利が絶対条件も…

逆転を許した浅田将汰と水上桂のバッテリー【写真:荒川祐史】

初回に1点先制も…石川の後逸などで4点を奪われる

■日本 – オーストラリア(7日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で開催されている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は7日、スーパーラウンドの最終戦が行われ、野球日本代表「侍ジャパン」はオーストラリア相手に1点を先制したものの、2回に守備の乱れもあって逆転された。

 初回にチャンスを作り、石川の一ゴロの間に1点を先制。しかし、先発の浅田が先頭打者に三塁へのゴロを打たれ、石川の送球が逸れて三塁内野安打を許すと、続く打者に右前打を浴びて無死一、三塁に。ここでマクドナルドの打球を遊撃・武岡が捕球できず、中前適時打となった同点とされた。

 さらに、続く打者は四球で満塁に。バザーナに左前適時打を許して勝ち越された。永田監督はここで浅田の交代を告げ、前がマウンドへ。しかし、レイの三ゴロに石川がバウンドを合わせられず後逸、エラーでさらに2点を失った。その後、空振り三振、三ゴロ併殺打で3アウトとしたものの、この回一挙4点を失った。

 日本は6日の韓国戦にサヨナラ負けを喫し、スーパーラウンド2勝2敗に。決勝進出へは、日本が勝ち、3勝1敗の米国が韓国、台湾がカナダに負けることが絶対条件。その場合も、日本、米国、韓国、台湾の4チームのTQB(Total Quality Balance)で順位が決まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)