広島、4位阪神に敗戦 緒方監督は序盤の失点悔やむ、薮田に「期待したが…」

広島、4位阪神に敗戦 緒方監督は序盤の失点悔やむ、薮田に「期待したが…」

広島・緒方監督【写真:荒川祐史】

薮田は3回途中6失点と試合を作れず「前回、球の力はそこそこあったので…」

■阪神 7-3 広島(7日・マツダスタジアム)

 広島は7日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に3-7で敗れた。先発の薮田が3回途中6失点と試合を作れず、打線は12安打を放ったが、3併殺と好機を生かせなかった。緒方監督は「序盤の失点が大きかった」と、3回までの大量失点を悔やんだ。

 勝てば4位阪神に4.5ゲーム差と、クライマックスシリーズ圏内の3位争いで優位に立てる試合だったが、序盤の大量失点で試合の行方が決まった。無失点のイニングを作れずに降板した薮田について、緒方監督は「前回、球の力はそこそこあったので期待したが……」と、答えに窮した様子だった。

 打線は1回と6回以外の全てのイニングで安打を記録し、再三のチャンスを作ったが、2回は無死一塁、5回と8回は無死一、二塁からいずれも併殺打で反撃の気勢が削がれた。指揮官は「序盤から苦しい展開の中で、粘り強くヒットの数も重ねて苦しめることができた」と野手を評価したが、得点は小園の本塁打と長野の適時打の2点のみに終わった。

 前日の永川に続き、この日は赤松の現役引退が発表された。緒方監督は「2人とも現役時代からともにプレーした選手だから、いい形で送り出してあげたい」と、2日続けて最後は試合とは関係ない話で会見を締めくくった。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

関連記事(外部サイト)