中日が5連勝、3年目の柳が2か月ぶり白星で初の2桁勝利飾る 2位DeNAは3連敗

中日が5連勝、3年目の柳が2か月ぶり白星で初の2桁勝利飾る 2位DeNAは3連敗

中日・柳裕也【写真:荒川祐史】

DeNAのドラ1上茶谷は自身最短の1回2/3でKO

■中日 8-3 DeNA(7日・ナゴヤドーム)

 中日は7日、本拠地でのDeNA戦に8-3で勝ち、5連勝を飾った。先発の柳が7回を5安打8奪三振3失点にまとめ、入団3年目で初の2桁となる10勝目(5敗)を飾った。柳は1回にロペス、筒香に連続本塁打を浴びたが、2回以降は安定した投球。7月7日のヤクルト戦以来、2か月ぶりの白星を手にした。

 打線は、1回にビシエドの適時打などで同点に追いつき、2回には京田の犠飛、福田の適時二塁打、高橋の適時打で一挙4点。3回には大島の犠飛、6回には大野奨のセーフティスクイズと、効率的に得点を重ねた。

 DeNAは1回にロペスの27号、筒香の28号で先制するも、投手陣が打ち込まれて3連敗。ドラフト1位ルーキーの上茶谷が自身最短の1回2/3でKOされ、6敗目(6勝)を喫した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)