広島のドラ1小園が3号アーチ 球団の高卒新人では69年ぶり年間3発

広島東洋カープのドラ1小園海斗が3号アーチ 広島の高卒新人では69年ぶり年間3発

記事まとめ

  • 広島東洋カープのドラフト1位ルーキー、小園海斗が7日、「8番・遊撃」で出場した
  • 小園は0-7と大きくリードされた3回先頭で阪神タイガースの先発・西勇輝から3号本塁打
  • 広島の高卒新人では1950年の紺田周三氏以来となる69年ぶりのシーズン3本塁打

広島のドラ1小園が3号アーチ 球団の高卒新人では69年ぶり年間3発

広島のドラ1小園が3号アーチ 球団の高卒新人では69年ぶり年間3発

広島・小園海斗【写真:荒川祐史】

3回に阪神・西から右中間へ41日ぶり一発

■広島 – 阪神(7日・マツダスタジアム)

 広島のドラフト1位ルーキー、小園が7日、本拠地での阪神戦に「8番・遊撃」で出場し、3号本塁打を放った。0-7と大きくリードされた3回先頭で打席に入った19歳は、阪神の先発・西から右中間スタンドへ運んだ。

 小園は7月26日のヤクルト戦(神宮)で高橋からプロ1号弾、同28日のヤクルト戦(神宮)では大下から2号を放っていた。広島の高卒新人では1950年の紺田周三以来69年ぶりのシーズン3本塁打となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)