巨人、連敗を6でストップ 坂本勇がセトップタイ35号弾含む3安打2打点3得点

セ・リーグ首位の巨人は7日、ヤクルト戦に勝利 2位DeNAとのゲーム差を3.5に広げる

記事まとめ

  • セ・リーグ首位の巨人は7日、敵地でのヤクルト戦に10−6で勝ち、連敗を6でストップ
  • 巨人は1回、坂本勇の二塁打で先制、坂本勇は、DeNAソトに並ぶリーグトップの35号HR
  • 先発の山口は5回2/3を4失点と苦しむも、DeNA今永に並ぶリーグトップタイの13勝目

巨人、連敗を6でストップ 坂本勇がセトップタイ35号弾含む3安打2打点3得点

巨人、連敗を6でストップ 坂本勇がセトップタイ35号弾含む3安打2打点3得点

巨人・坂本【写真:Getty Images】

6回途中4失点の山口がDeNA今永に並ぶ13勝目

■ヤクルト – 巨人(7日・神宮)

 セ・リーグ首位の巨人は7日、敵地でのヤクルト戦に10−6で勝ち、連敗を6でストップ。2位DeNAとのゲーム差を3.5に広げた。

 巨人は1回、坂本勇の右翼線適時二塁打で先制。続く丸の打席でヤクルトの先発ブキャナンが暴投すると、坂本勇は二塁から一気に生還して2点目を挙げた。さらに坂本勇は3回、右中間へDeNAソトに並ぶリーグトップの35号ソロを放った。

 3回裏に追いつかれた巨人だが、4回にゲレーロの19号ソロで勝ち越し。6回に田中が4号ソロ、7回には丸が左翼線2点打、代打・重信が満塁の走者一掃の適時二塁打を放ち、試合を決めた。坂本勇は3安打2打点3得点と気を吐いた。

 先発の山口は5回2/3を8安打4失点と苦しみながらも、DeNA今永に並ぶリーグトップタイの13勝目(4敗)を挙げた。

 ヤクルトはブキャナンが3回5安打3失点で降板。2番手以降も失点を重ねた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)