ロッテ西野、プロ11年目で初完投初完封「ホッとしました」5回以降はパーフェクト

ロッテ西野、プロ11年目で初完投初完封「ホッとしました」5回以降はパーフェクト

ロッテ・西野勇士【写真:荒川祐史】

ノーノー屈辱晴らす快投「なんとか自分で勝ちたい気持ちあった」

■ロッテ 4-0 ソフトバンク(7日・ヤフオクドーム)

 ロッテの西野勇士投手が、プロ11年目で初完投初完封勝利を飾った。7日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。尻上がりに調子をあげて5回以降は1人の走者も許さない快投。9回を投げて4安打6奪三振の快投で、最後までゼロを並べ続け、試合後は「ホッとしました」と安堵の笑顔を浮かべた。

 初回に牧原、中村晃と連打を許して、いきなり無死一、二塁のピンチを招いたが、クリーンナップを封じて無失点で切り抜けると、徐々に調子を上げた。4回には2死一、三塁とされたが、ソフトバンクの重盗をチームメートが阻止。5回以降は1人の走者も許さず、9回は圧巻の3者連続奪三振で締めくくった。

 プロ11年目を迎えた今季。5年目の2013年には先発で22試合に登板し9勝をマークしているが、その後は中継ぎや抑えが主な役割だった。「抑えやったり、中継ぎやったりしていたので、期間がかかってもおかしくはない。1つ完封できたのは嬉しく思います」。今季も中盤までは中継ぎ。先発に配置転換されると、4度目の先発で初完投初完封勝利。通算では231試合目の登板、そして31試合目の先発だった。

 第1戦にまさかのノーヒットノーランを喫してチームは敗戦。その中で託された2戦目のマウンドだった。前夜の屈辱を晴らす快投に「初戦取られて、なんとか自分で勝ちたい気持ちがありました。ノーノーされるとは思わなかったですけど、最近沈んでいたので最少失点でいけたらと思っていた」と笑顔を浮かべていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)