鷹5連勝でストップ…工藤監督、和田の交代「ワンテンポ」遅れて「私が悪い」

鷹5連勝でストップ…工藤監督、和田の交代「ワンテンポ」遅れて「私が悪い」

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

ロッテ西野の前に完封負け「なかなか手が出なかった」

■ロッテ 4-0 ソフトバンク(7日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは7日、ロッテの先発・西野勇士投手に完封され、連勝は「5」でストップした。先発の和田毅投手は粘りを見せながらも5回途中2失点で4敗目(4勝)を喫した。

 ソフトバンクは初回に無死一、二塁のチャンスを作るも、柳田悠岐、デスパイネ、グラシアルのクリーンアップが凡退。ロッテの先発・西野勇士の立ち上がりを攻めきれなかった。

 4回には2死一、三塁からダブルスチールを仕掛けるも三塁走者のグラシアルが本塁で憤死。その直後の5回表に和田毅が先頭打者にヒットを許したのをきっかけに2点を失い、6回には2番手の椎野新がマーティンに2ランを浴びて点差を広げられた。ソフトバンク打線は先制された後の5回からはノーヒット。西野にプロ入り初完封を許した。 

 試合後、工藤公康監督は先制を許した場面について「中村(奨吾)君のところで少し迷って(和田を)代えるのがワンテンポ遅れてしまった。もう少し早く決断していればと思う。私が悪いです」と、自らの判断ミスを悔やんだ。4回のダブルスチールは「サインではない」とし、「二塁への送球が高かったので、そういう時は(三塁走者は)行っていいと言っている。これもこちらが悪いです」と指揮官。相手先発の西野については「低めにいっていたし、うまく緩急をつけられた。なかなか手が出なかったです」と振り返った。

 8回表にはドラフト2位ルーキーの杉山一樹がプロ初登板。甲斐キャノンの助けはあったものの1イニングを2奪三振、1四球の無失点デビューとなった。工藤監督はいきなり155キロのストレートを見せた右腕に「ボールの力もあったし、真っ直ぐでも変化球でも空振りが取れる。良いアピールになったと思いますし、これから期待したいですね」と語った。

 楽天に負けた西武を突き放すチャンスだった。試合開始前に相手の結果が伝わり、難しさがあったかという問いかけに「そういうことよりも今日は西野君が良かったということです」と、改めて西野の好投を称えていた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)