鷹・千賀が達成したノーノーには運も必要… 224勝の工藤監督も達成できず

鷹・千賀が達成したノーノーには運も必要… 224勝の工藤監督も達成できず

ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】

ソフトバンクとしては76年ぶり、創設81年目でわずか2人目

 ソフトバンクの千賀滉大投手が6日、本拠地ヤフオクドームでのロッテ戦でノーヒットノーランを達成した。レギュラーシーズンではNPB史上80人目、通算91回目。パ・リーグでは29人目になる。

 ノーヒットノーランは昨季、7月27日に巨人の山口俊投手が中日戦で記録して以来だが、昨季は10月14日に行われたクライマックスシリーズのヤクルト戦でも、巨人・菅野智之投手が記録している。またパ・リーグでは、2014年5月2日に西武(現楽天)の岸孝之投手がロッテ戦で記録して以来だ。

 そして、ソフトバンク(南海、ダイエー、ソフトバンク)の投手としては、1943年5月26日に南海の別所昭が大和戦で記録して以来、実に76年ぶりの2人目。ソフトバンクとしては初、育成出身者でも初、そして令和で初のノーヒットノーラン達成となった。

 現ソフトバンクの前身である南海は1938年秋季から職業野球(現NPB)のペナントレースに参加。現存する球団としては、1936年のプロ野球創設時から存続する巨人、阪神、中日、オリックス(旧阪急)に次ぐ老舗球団。球団創設から81年が経過しているが、なぜかノーヒットノーランが出ない球団だった。ちなみにこの間、7回相手チームの投手にノーヒットノーランを記録されている。

 大捕手野村克也は、1954年から1977年まで南海ホークスでマスクを被り、捕手として2790試合に出場、これは1球団での捕手出場数として史上最多だが、この間一度もノーヒットノーラン投手の球を受けていない。この時期の南海には221勝した皆川睦男、187勝の杉浦忠という2人の殿堂入り投手がいたが、どちらもノーヒットノーランは記録していない。

球団別で最も多いのは巨人の16回で、中日、オリックス、阪神と続く

○球団別のノーヒットノーランの回数

16回 巨人
沢村栄治(3回)、スタルヒン、中尾輝三(2回)、藤本英雄(2回うち1回は完全試合)、大友工、堀内恒夫、城之内邦雄、渡辺秀武、加藤初、槙原寛己(完全試合)、杉内俊哉、山口俊、※他に菅野智之がCSで記録

11回 中日(名古屋)
西沢道夫、石丸進一、杉下茂、大矢根博臣、中山義朗、近藤真一、野口茂樹、バンチ、川上憲伸、山本昌、山井大介

9回 オリックス(阪急)
石田光彦2回、浅野勝三郎、森弘太郎、天保義夫、戸田善紀、今井雄太郎(完全試合)、佐藤義則、西勇輝

9回 阪神
三輪八郎、呉昌征、梶岡忠義、真田重男、バッキ―、江夏豊、湯舟敏郎、川尻哲郎、井川慶

9回 西武(西鉄)
大津守、西村貞朗(完全試合)、井上善夫、田中勉(完全試合)、清俊彦、若生忠男、郭泰源、渡辺久信、岸孝之

8回 ヤクルト(国鉄)
金田正一(2回うち1回は完全試合)、大脇照夫、宮地惟友(完全試合)、森滝義巳(完全試合)、ブロス、石井一久、ガトームソン

7回 近鉄
山下登、武智文雄(完全試合)、鈴木啓示(2回)、佐々木宏一郎(完全試合)、神部年男、エルビラ

6回 広島
外木場義郎(3回うち1回は完全試合))、藤本和宏、佐々岡真司、前田健太

5回 日本ハム(東映、日拓)
高橋善正、高橋直樹、田中幸雄、柴田保光、西崎幸広

3回 大洋(横浜、DeNAとしては記録なし)
島田源太郎(完全試合)、佐々木吉郎(完全試合)、鬼頭洋

2回 ロッテ
成田文男、八木沢荘六(完全試合)

2回 黒鷲(イーグルス)
亀田忠(2回)

2回 ソフトバンク(南海)
別所昭、千賀滉大

1回 大映
林義一

1回 大陽
真田重蔵

 16回の巨人を筆頭に、中日、オリックス、阪神とプロ野球草創期から存続する老舗球団が続くが、そのあとには1950年の2リーグ分立時に創設された球団が続く。ソフトバンク(南海)の少なさが際立つ。なお、2005年創設の楽天は相手投手に2回ノーヒットノーランを記録されているが、自チームの投手は1度も記録していない。南海の最初のノーヒットノーラン投手の別所昭は1948年に巨人に移籍して別所毅彦と改名し、310勝を挙げる大投手になった。

ノーヒットノーランは実力に加えて、「運」がなければ達成できない。400勝投手の金田正一は2回(うち1回は完全試合)達成しているが、これに続く350勝の米田哲也(阪急、阪神、近鉄)、320勝の小山正明(阪神、ロッテ、大洋)は1度も記録していない。

 一方で、プロ初登板でノーヒットノーランを記録した近藤真一(中日)はわずか12勝で終わり、外国人投手として記録したナルシソ・エルビラ(近鉄)も2シーズン7勝で退団した。藤本和宏(広島)も通算10勝だった。現在、ソフトバンクで指揮を執る工藤公康監督も通算224勝を挙げた大投手であったが、ノーヒットノーランは達成していない。

 千賀滉大は育成初の快挙という記録も作った。捕手も育成出身の甲斐拓也だった。千賀も実力に加えて、強運の持ち主だといえるだろう。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)