【高校野球】茨城国体で智弁和歌山VS星稜がいきなり激突 履正社は作新学院と対戦

【高校野球】茨城国体で智弁和歌山VS星稜がいきなり激突 履正社は作新学院と対戦

侍ジャパンU-18代表としても活躍した星稜・奥川恭伸【写真:沢井史】

9月29日から4日間、茨城・ノーブルホームスタジアム水戸で開催

 第74回国民体育大会(9月29日から4日間、茨城・ノーブルホームスタジアム水戸)の高校硬式野球の組み合わせが発表になり、今夏の甲子園3回戦で延長戦の戦いを繰り広げた智弁和歌山(和歌山)と星稜(石川)が、初日の第1試合でいきなり“再戦”することが決まった。

 智弁和歌山と星稜は今夏、延長14回の激闘を繰り広げ、タイブレークの末、星稜が勝利。エースの奥川恭伸投手は23奪三振をマーク。一方で智弁和歌山の池田陽佑投手もリリーフながら150キロを超える直球で星稜打線にぶつかっていった。勝利した星稜は決勝まで進出し、準優勝に輝いた。池田と奥川はU-18「侍ジャパン」高校日本代表として戦った。

 今夏の甲子園で優勝した履正社(大阪)はこちらも強豪の作新学院(栃木)と対戦。仙台育英(宮城)は宇部鴻城(山口)と、中京学院大中京(岐阜)は八戸学院光星(青森)。開催地の茨城・霞ヶ浦は海星(長崎)、明石商(兵庫)は関東一(東東京)と対戦する。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)