【U-18W杯】侍U-18代表、1日遅れで約2週間ぶりに日本に無事到着 前日は台風余波で飛行機飛ばず

【U-18W杯】侍U-18代表、1日遅れで約2週間ぶりに日本に無事到着 前日は台風余波で飛行機飛ばず

予定より1日遅れで日本に帰国した侍U18の永田監督、佐々木朗希ら【写真:編集部】

9日は釜山の空港で9時間以上待機も帰国断念、機内では「帰れるー!」と歓喜

 韓国の機張(きじゃん)で開催された「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場した「侍ジャパン」高校日本代表が10日、帰国した。当初は9日に帰国予定だったが、台風15号の影響で延期に。1日遅れで成田空港に降り立った。

 U-18W杯では4大会ぶりにメダル獲得を逃し、5位に終わった侍ジャパン。9日には搭乗予定だった機体が台風15号の影響で成田空港から到着せず、韓国・釜山の空港で9時間以上待機。帰国を断念して韓国で延泊した。

 この日は正午すぎに釜山のホテルを出発し、金海国際空港で午後4時過ぎに解団式が行われた。そして、飛行機は無事に出発。約2週間ぶりに日本に戻った。機内では「日本語使えるー!」「日本だー!」「帰れるー!」などと歓喜の声が上がった。

 成田空港に到着すると、前日の台風の影響で到着客が多く、ロビーも人だらけ。多くのテレビカメラや写真のフラッシュが待ち構えており、改めて注目の高さを示した。空港にいた多くの人の視線も注がれた。

 選手たちはこの後、解散。新幹線を利用して帰宅する選手、迎えの車に乗る選手、関東で宿泊する選手などそれぞれ。星稜の奥川や山瀬、智弁和歌山の池田らは9月末から始まる茨城国体に出場予定。今後、プロ志望届を提出する選手も出てくる見込みだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)