西武増田が通算100セーブ  辻監督も最敬礼「投手なら抑えはやりたくない」

西武増田が通算100セーブ  辻監督も最敬礼「投手なら抑えはやりたくない」

西武・増田達至【写真:荒川祐史】

首位攻防戦の9回に登板、3者凡退できっちり封じる

■西武 4-1 ソフトバンク(11日・メットライフ)

 西武の増田達至投手が11日のソフトバンク戦(メットライフ)で史上32人目の通算100セーブを達成した。3点リードの9回に登板し、ソフトバンクの2番・中村晃から始まる好打順を3者凡退で断ち切り、27セーブ目を挙げた。これが節目の100セーブ目となり、増田は「皆さんのおかげで達成できた」と周囲に感謝した。

 プロ入り3年目の2015年に40ホールドを記録し最優秀中継ぎ賞に輝いた増田。2016年に、当時クローザーを務めていた高橋朋の故障をきっかけに9回を任されるようになると、その年から2年連続で28セーブを挙げ、守護神に定着した。2018年は不振にも見舞われ、2軍落ちも経験した。

「何をやっても思うようにいかなくて、(1軍に)上がってきてからもいいボールが投げられなかった」と振り返った増田は、今シーズンを「ルーキーのように」過ごすことを心がけてきた。「1球、1アウト、1イニングに必死になってやっている」という。辻発彦監督も「(9回を締めるのは)大変だと思うが、それが彼の仕事。僕が投手だったら、抑えはやりたくない」とクローザーの重責に耐えての大記録に最敬礼していた。

 増田の活躍もあり、チームはこの日130試合目にして今季はじめて首位に浮上。昨年から選手会長も務める増田は「今度は胴上げ投手になりたい」と意気込んでいた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)