元阪神バッキー氏が死去 64年外国人初の沢村賞、球団外国人最多の通算100勝

元阪神タイガースのジーン・バッキー氏82歳で死去 64年外国人初の沢村賞、通算100勝

記事まとめ

  • 阪神で外国人最多の通算100勝を挙げたジーン・バッキー氏が14日、82歳で死去した
  • 1962年、エンゼルス傘下3Aから阪神にテスト入団、1964年に外国人投手初の沢村賞を受賞
  • 通算100勝を達成、13日に引退を表明したランディ・メッセンジャー投手は98勝だった

元阪神バッキー氏が死去 64年外国人初の沢村賞、球団外国人最多の通算100勝

元阪神バッキー氏が死去 64年外国人初の沢村賞、球団外国人最多の通算100勝

ジーン・バッキー氏のNPB通算成績

13日に現役引退を表明したメッセンジャーが98勝で、あと2勝に迫っていた

 阪神で外国人初の沢村賞を受賞するなど、通算100勝を挙げたジーン・バッキー氏が14日、82歳で死去した。名誉会長を務めていた日本プロ野球外国人OB選手会がツイッターで発表した。

 1962年、エンゼルス傘下3Aから阪神にテスト入団。1964年に29勝9敗、防御率1.89の成績で最多勝、最優秀防御率、外国人投手初の沢村賞を受賞し、リーグ優勝に貢献した。1965年6月28日の巨人戦(甲子園)ではノーヒットノーランも達成した。

 1968年まで5年連続で2桁勝利を挙げ、通算100勝を達成。しかし、1968年9月18日の巨人戦(甲子園)の乱闘騒ぎで右手親指を骨折。この怪我がきっかけで力を落とし、1969年には近鉄に移籍するもこの年限りで引退した。引退後も度々来日し、2018年11月には、発足したばかりの日本プロ野球外国人OB選手会の名誉会長に就任していた。

 NPB通算100勝は外国人投手歴代3位タイで、阪神では歴代1位。ランディ・メッセンジャー投手が98勝とあと2勝まで迫っていたが13日に現役引退を表明していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)