鷹は痛恨逆転負けで首位陥落&マジック消滅 劇的サヨナラの西武に“逆点灯”

鷹は痛恨逆転負けで首位陥落&マジック消滅 劇的サヨナラの西武に“逆点灯”

ソフトBマジック消滅 西武M9

鷹は痛恨逆転負けで首位陥落&マジック消滅 劇的サヨナラの西武に“逆点灯”

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

甲斐野が8回に4失点で逆転負け、西武は首位浮上&優勝マジック「9」

■日本ハム 7-5 ソフトバンク(15日・札幌ドーム)

 ソフトバンクは15日、敵地・日本ハム戦に5-7で逆転負けし、首位から陥落。ソフトバンクのマジックが消滅し、ロッテにサヨナラ勝ちした西武にマジック9がついた。

 ソフトバンクは3回までに4点リードも、その後は追加点を奪えず。先発の和田は5回に清水にソロ弾を浴び、6回には大田の左前適時打で2失点目。嘉弥真、高橋純とつないだが、中田にセンターへの適時を浴びて1点差に迫られた。

 そして、8回に5番手でマウンドに上がった甲斐野は中田にレフトへの同点打を浴びると、1死満塁となってから清宮に右前への勝ち越し2点打を許し降板。ここで登板したスアレスは清水にも中前への適時打を浴びた。

 甲斐野が痛恨の4失点で逆転負け。マジック11がついていたが消滅し、2位に陥落した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)