「ふさわしい素質を備えていなかった」 日本で開花した投手を米メディア特集

「ふさわしい素質を備えていなかった」 日本で開花した投手を米メディア特集

広島のクリス・ジョンソン【写真:荒川祐史】

米メディアの特集にジョンソン、クルーン、サファテの3人が登場

 1995年に海を渡った野茂英雄は新人王を獲得し、日本人メジャーリーガーのパイオニアとなった。その後は多くの選手が活躍したが、反対にメジャーから日本に活躍の場を求めた選手たちも数多くいる。そんな“ジャパニーズドリーム”を掴んだ選手たちを米野球メディア「ハードボールタイムス」が特集。投手で紹介されているのは、クリス・ジョンソン、マーク・クルーン、デニス・サファテの3人だ。

 ジョンソンは、2006年にレッドソックスからドラフト1巡目(全体40位)で指名を受けて入団。有望株として期待されたがマイナーで結果を残せず、2011年にリリース。米独立リーグを経て2013年にはついにメジャー初登板を果たしたものの、メジャー通算2年で7試合に登板し、4先発で0勝3敗、防御率5.32と勝利を挙げることはできなかった。記事では、「彼はメジャーリーガーにふさわしい素質を備えていなかった」と言及している。

 しかし、2015年に母方の祖母の母国である日本の広島に移籍すると運命が一変する。初年度に14勝7敗、防御率1.85で最優秀防御率を獲得。翌2016年には15勝7敗、防御率2.13で沢村賞を受賞した。今季も14日現在で11勝7敗、防御率2.44はセ・リーグ2位とローテーションの柱となっている。

クルーンは「NPBではうまくハマった」、サファテは「エリート級の活躍」

 横浜、巨人で活躍したクルーンは、大谷に破られるまでNPB最速記録の162キロをマークした剛速球で人気を集めた。記事では「マーク・クルーンのシビれる剛腕と制球力の乏しさは、NPBではうまくハマった」と分析。メジャー通算4年で26回2/3を投げ、26四球を与えた制球の悪さは日本では問題にならず。守護神として6年間で177セーブを挙げた。

 最後の1人は2015〜17年に3年連続でパ・リーグのセーブ王に輝いたソフトバンクのサファテだ。2017年には54セーブで、岩瀬、藤川の46セーブを大幅に更新するプロ野球新記録を樹立。MVP、日本シリーズMVP、外国人初の正力松太郎賞を受賞する活躍ぶりだった。MLB時代の4年間では92試合で、119回1/3、5勝4敗、8ホールドとインパクトのある成績は残せていなかっただけに、日本で大きく飛躍したと言えるだろう。

 サファテは昨年4月に右股関節を手術して以降登板していないが、記事では「球界(NPB)の現役トップクラスの抑えの1人」「彼はエリート級の活躍をしている」と紹介。もう一度、圧倒的な投球を見たいところだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)