中日、福田が同点打&V打の活躍で3連勝! 巨人は3連敗で足踏みマジック「4」のまま

中日ドラゴンズ、福田永将が同点打&V打の活躍で3連勝 巨人はマジック「4」で足踏み

記事まとめ

  • 中日ドラゴンズは19日、本拠地ナゴヤドームでの巨人戦を2-1で勝利し3連勝
  • 同点の8回に福田永将が決勝タイムリーを放ち試合を決めた
  • 巨人は打線が沈黙し3連敗となり、マジックは「4」のまま足踏みとなった

中日、福田が同点打&V打の活躍で3連勝! 巨人は3連敗で足踏みマジック「4」のまま

中日、福田が同点打&V打の活躍で3連勝! 巨人は3連敗で足踏みマジック「4」のまま

中日・福田永将【写真:荒川祐史】

福田が同点打、決勝タイムリーを放つ大活躍

■中日 2-1 巨人(19日・ナゴヤドーム)

 中日は19日、本拠地ナゴヤドームでの巨人戦を2-1で勝利し3連勝を飾った。同点の8回に福田が決勝タイムリーを放ち試合を決めた。

 巨人は6回にスタメンに復帰した坂本勇の37号ソロで先取点を奪う。だが、その裏に中日は福田のタイムリー二塁打ですぐさま同点に追いつくと、8回にも2死三塁から福田が再びタイムリー二塁打を放ち勝ち越しに成功した。

 巨人は打線が沈黙し3連敗。マジックは「4」のまま足踏みとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)