【MLB】田中将大、自身初の地区Vへ7回1失点で11勝目の権利持ち降板 勝てばチーム7年ぶり栄冠

【MLB】田中将大、自身初の地区Vへ7回1失点で11勝目の権利持ち降板 勝てばチーム7年ぶり栄冠

エンゼルス戦の先発マウンドに上がったヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

7回まで5点リード MLB通算1000投球回に到達した

■ヤンキース – エンゼルス(日本時間20日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は19日(日本時間20日)、今季11勝目をかけて本拠地・エンゼルス戦で先発。メジャー6年目で自身初、チーム7年ぶりの地区優勝がかかる一戦で7回まで1失点に抑えてマウンドを降りた。

 初回は2番・フレッチャーを3球三振に仕留めるなど11球で3者凡退に。2回は2死からシモンズに中前打を許したが、続くスミスを遊ゴロに抑えた。ルメイヒューの25号3ランで先制した3回はサイスの右前打で先頭打者を出したが、後続を断ち切った。

 4回。先頭・カルフーンに右越え32号ソロを浴びたが、その後は3人で抑えた。ガードナーの右中間26号ソロで再び3点リードとした5回、6回と2イニング連続で3者凡退。5点リードした7回は1死からウォルシュを右前打を許したが、続くシモンズを三ゴロ併殺打に仕留めた。7回まで86球を投げ、6奪三振無四球、4安打1失点。3試合ぶり今季15度目のクオリティスタートを達成。また、メジャー通算1000投球回に到達した。

 田中は前回13日のブルージェイズ戦で5回8安打4失点。勝ち負けはつかなかった。今季は試合前まで30試合登板し、10勝8敗、防御率4.60。楽天時代の2013年にリーグ優勝、日本シリーズを制覇した際に胴上げ投手になっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)