オリ安達が決勝HRに「100点です」 パーソルDAY ZOZOマリンスタジアム編

オリ安達が決勝HRに「100点です」 パーソルDAY ZOZOマリンスタジアム編

ファンの声援に応えるオリックス・安達了一【写真:パーソル パ・リーグTV】

ロッテ鈴木が打者、中村が捕手の滅多にお目にかかれない始球式となった

 パ・リーグのオフィシャルスポンサー・パーソルグループの冠試合「パーソルDAY」。8月31日に行われた、ロッテ-オリックス戦は、6球団で最後のパーソルDAYとなった。シーズン後半、Aクラスそして「2019 パーソル クライマックスシリーズ パ」に向けた2チームの熱い試合が繰り広げられた。

 パーソルDAYラストの始球式は、パ・リーグオフィシャルスポンサーである総合人材サービスグループのパーソルグループで働く社員の中から公募で決められたのだという。約4万5千人の社員の代表として、転職キャリアアドバイザーの山本洋平さんが選ばれた。

 千葉ロッテ、特に鈴木大地内野手のキャプテンシーと、チームに献身的な姿が好きで、社内でマリーンズ観戦部「鴎の会」を立ち上げたという山本さん。そのマリーンズ愛に、チーム関係者も心を打たれたのか(!?)、鈴木が打者、中村奨吾内野手が捕手という、滅多にお目にかかれない始球式となった。

 左腕から投じたボールはシュート気味に変化し、中村のミットにノーバンで収まり、見事成功! 「緊張して(投球内容を)覚えていない」と苦笑した山本さんだったが、気迫のピッチングは千葉ロッテの選手たちに届いたはずだ。

緊迫した試合は、オリ安達が決めた! 力みのないバッティングの秘訣とは?

 試合は投手戦の様相。投手陣が要所を締め、両チームも打棒が湿り気味。よもや延長か…… と思った9回表、打席にはオリックス安達了一内野手。ロッテ益田直也投手が投じた高めのストレートをうまくさばくと、打球は大勢のオリックスファンが待つ左翼中段へ。これが決勝打となり、2-1でオリックスが勝利した。

 お立ち台に上がった安達は、「打席ではホームランのイメージはなかったけれど、(相手投手との)相性も良かったので、思い切って行きました」と話した。安達の活躍に涙ぐむファンがいたことを聞かされると、「本当ですか……! 良かったです、安心しました」と頬を緩ませた。そんな安達にヒーローインタビュー後“今日の仕事ぶり”について話を伺った。

――最終打席を振り返って
「初球がボールだったので、次は真っ直ぐ一本だけを狙って思い切りよく振っていこうと思っていました。いい結果になってよかったです」

――今日の“仕事ぶり”を点数で表すと?
「100点って言ったほうがいいんですかね(笑)。でも、100点です。自分のホームランでチームが勝ったので」

――試合前に行なっているルーティンや、パフォーマンスを上げるために必ず行うことは?
「特に決めていないですね。試合に入る前に必ずやらなくてはいけなくなってしまうので、あまり決めないようにしています。試合前に絶対にこれ食べるとかもないんです」

 試合前は何も決めない、ゲンも担がない。“平常運転”が力みのないバッティングを生み出すようだ。チームは最下位に沈んでいるが、それを打破するとすれば、中軸を打つ選手以外に、コンスタントに点を生み、投手陣を援護する存在だ。ましては、遊撃守備に定評のある安達。マウンドの投手の安心感もあるだろう。この試合の数日後に登録抹消となったが、ペナント終盤そして来季を戦うにあたって、この男の活躍がまた必要になるに違いない。

 パ・リーグの残り試合もあとわずか。果たして「2019 パーソル クライマックスシリーズ パ」に進出できるのはどこのチームか。最後までチームの動向から目が離せない。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)