【MLB】イチローらヤ軍7年前の優勝メンバーが凄い 先発・黒田はNYファンに未だ人気「大好き」

ヤンキースが7年ぶり19度目の地区優勝 黒田博樹氏はNYファンに未だ人気

記事まとめ

  • 田中将大が今季11勝目を挙げ、ヤンキースは7年ぶり19度目の地区優勝となった
  • 米ヤンキース番記者が、イチロー氏など前回地区制覇試合のスタメンを改めて紹介した
  • ヤンキースで3年間力投を見せた黒田博樹氏への“愛”を炸裂させるファンが続出した

【MLB】イチローらヤ軍7年前の優勝メンバーが凄い 先発・黒田はNYファンに未だ人気「大好き」

【MLB】イチローらヤ軍7年前の優勝メンバーが凄い 先発・黒田はNYファンに未だ人気「大好き」

ヤンキース時代の黒田博樹氏(左)とイチロー氏【写真:Getty Images】

MLB公式サイトヤンキース番記者がツイッターに前回地区Vした12年のスタメンを紹介

■ヤンキース 9-1 エンゼルス(日本時間20日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は19日(日本時間20日)、本拠地エンゼルス戦で7回4安打1失点と好投。今季11勝目(8敗目)を挙げた。ヤンキースにとっては実に7年ぶり19度目の地区優勝となったが、米ヤンキース番記者が前回地区制覇試合のスタメンを改めて紹介。1番・デレク・ジーター、2番・イチロー、3番・アレックス・ロドリゲスという球界屈指のレジェンドの共演に加え、先発・黒田博樹という豪華すぎるメンバーに地元ファンが胸を熱く燃やしている。

 伝統の激戦区・ア・リーグ東地区を制したピンストライプの名門。7年前の12年10月3日、レギュラーシーズン最終戦で宿敵レッドソックスを破り、地区制覇を決めた際のヤンキースのメンバーはあまりに豪華だった。

 MLB公式サイトのヤンキース番記者のブライアン・ホック氏は自身のツイッターで当時の衝撃的な面々を紹介している。

1番 ジーター ショート
2番 イチロー レフト
3番 Aロッド 三塁
4番 カノ 二塁
5番 スウィッシャー ライト
6番 テシェイラ 一塁
7番 グランダーソン センター
8番 イバニエス 指名打者
9番 マーティン 捕手

先発 クロダ 右投げ

 リードオフマンは「キャプテン」と愛されたメジャー通算3465安打のジーター。2番はメジャー史上30人目の3000安打を達成したイチローだ。このシーズン途中にマリナーズから電撃トレードで加入した1年目だった。3番はメジャー通算696本塁打のAロッド。3番まではいずれも現役引退してしまったが、4番のカノ(現メッツ)も通算2566安打という名手だ。

 そして、先発はドジャースからヤンキースに移籍1年目の黒田。このシーズン、16勝11敗、防御率3.32という抜群の安定感を示していた。レジェンド揃い踏みのスタメンに、地元ファンもSNS上で胸を熱くしている。

「先頭から4人は全員殿堂入りだろう」

「このラインナップは超絶ヤバイ」 

「ワオ、これは偉大なラインナップだ」

「過小評価されているチームだ。ヤンキース史上最強ではないが、最強になれたポテンシャルがある」

「忘れられない」

「優秀なラインナップだ!」

「あれは偉大なチームだった」

「何てチームだ」

「これはいいラインナップ」

「ワールドシリーズ制覇はしていないが、ヤンキース史上最高のラインナップの1つ」

「Aロッド以外は楽しいラインナップじゃないか」

「カリスマ的なラインナップだ」

「このラインナップは強すぎる」

黒田博樹の名前に「古き良きクロダのピッチングが恋しい」

 レジェンドそろい踏みの豪華ラインナップに感動の声が集まる一方で、ヤンキースで3年間力投を見せた黒田への“愛”を炸裂させるファンも続出していた。

「古き良きクロダのピッチングが恋しい」

「なんてことだ、クロダがあまりに恋しい」

「ヒロキ!!!」

「クロダはGOAT(史上最高の略)」

「クロダは素晴らしすぎた」

「クロダが懐かしい」

「クロダが大好きだったんだ」

「クロダは目立たず堅実。過小評価されている補強だ」

 イチローはこのシーズン、地区シリーズのオリオールズ戦で相手捕手のタッチを2度も交わしながら生還する曲芸ホームインで「マトリックス」と呼ばれるなど伝説を作った。黒田もオリオールズとの第3戦で先発し、8回3分の1を投げ、5安打2失点の力投で勝利投手になるなど、大きな見せ場を作った。同年はタイガースとのリーグチャンピオンシップシリーズで力尽きてしまったが、2009年以来10年ぶりのワールドシリーズ制覇をつかみとることができるだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)