元DeNA久保康友が独白、“激動”の1年を振り返る メキシコの打者は「技術力凄い」

元DeNA久保康友が独白、“激動”の1年を振り返る メキシコの打者は「技術力凄い」

チームメイトと写真に収まる久保康友(中央)と元巨人のマニー・アコスタ(右)【写真:福岡吉央】

メキシカンL挑戦1年目で奪三振数&投球回はトップ「三振を取ってアウトにするしかない」

 今季、メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーした元DeNAの久保康友投手。気圧が低く、打球が飛ぶため投手には不利と言われる環境でシーズンを通して先発を務め、26試合8勝14敗、防御率5.98、154奪三振、投球回152イニングの成績を残した。

 奪三振数、投球回はともにリーグトップ。開幕投手を務め、チームのエースとしてフル回転した右腕は、メキシコの打者について「技術力はすごい」と明かす。その理由とはいったい何なのか。日本との打者との違いとは。この1年を振り返ってもらった。今回は【野球編】の第1弾。

――日本の野球とメキシコの野球の違いは?

「まず、標高が高いところにある球場が多いことですね。僕が所属していたレオンは標高約1800メートル。メキシカンリーグには南北計16チームありますが、そのうち8チームが標高1000メートル以上のところにある。キャンプが行われたグアダラハラという街も標高約1550メートルで、最初ブルペンで投げ込みをしていた時も、酸素が薄くて肩で息をしていたんです。そんなこと今までなかった。

 気圧が低いぶん、変化球も落ちないし曲がらない。レオンで投げる時は、カーブの落差は低地の半分くらいでした。外野で打撃練習の球拾いをしていても、低地なら外野の定位置へのフライになる打球が、簡単に本塁打になる。グアダラハラで初めて打球の伸びを見た時は、低地と比べてここまで差があるんだと驚きました。夏場の雨季に入る前までは空気も乾燥していたので、前半戦のレオンでの試合は本当に打球がよく飛びましたね」

――毎週のように低地と高地を行き来して、標高差のある中でマウンドに上がっていました。

「日本にいた時は標高差を気にしなくていいので、登板前のブルペンは1度でしたが、メキシコに来てからは、前回の登板場所から標高が変わる時は2回以上ブルペンに入り、変化球の軌道を毎回確認して試合に臨んでいました。街によって気候も違うので、体調管理は大変でしたね。しかもバス移動だと、冷房がめちゃくちゃ効いていて寒くて、運転手に頼んでも、ほかの人は暑がっているからと言って上げてくれないので、車内では真冬の格好をしました。

 あと、うちのチームにはリーグで100勝を挙げている元メジャーの43歳のベテラン投手がいたのですが、彼は低地では球持ちのいいカーブ、高地では頭の上で早めにボールを離して意図的に落差をつけるカーブと、2種類の投げ方を標高によって使い分けていました。敵チームにも、高地と低地で配球を変えている投手もいましたね」

――そんな中で奪三振王に輝きました。

「僕は元々、打たせて取るタイプの投手です。ただ、メキシコの場合、日本と比べて守備のレベルが低く、打球に飛び込むような選手も少ないですし、日本ほど打者ごとに的確に守備位置を変える訳でもない。守備のレベルは日本の2軍よりも下。しかも一部の人工芝の球場を除き、グラウンドもデコボコで、イレギュラーが本当に多い。日本ならゴロアウトになる打球でも、メキシコだとヒットやエラーになってしまうんです。これではいくら打たせても、アウトが奪えない。防御率なんて、本当に運なんですよ。日本なら3-2の投手戦になるような試合が、メキシコなら同じ打球で6-5くらいの試合になる。それなら、もう自分で三振を取ってアウトにするしかないと考え、走者がいる時以外は三振を狙うピッチングをしていました」

――ほかの投手に比べ、投球回、球数も多かったですね。

「キャンプの時も、2日連続のブルペン入りや、100球を超えただけで驚かれました。海外の選手は下半身を使わない上体投げの選手が多いのですが、自分の体に合った、理にかなった負担のかからない投げ方なら、何球でも投げられると思うんです。でも、メキシコではコーチ陣が球数を管理していて、試合でもなるべく連投させないように配慮する。本来ビハインドの状況で出てくる投手がセットアッパーのポジションで登板し、打たれて逆転されるような試合も結構多かったですね」

「メキシコの選手は何歳になっても最後の最後まで自分の飛ばす能力を最大限伸ばそうとしてくる」

――打者の特徴は?

「日本の打者は、難しいコースの球はカットして、甘い球をヒットにしますが、メキシコの打者は難しい球でもフルスイングしてくる。それは主軸だけでなく、下位打線の選手も一緒。本塁打を打たれた球も、失投よりも、コースにきっちり投げた球のほうが多かったですね。あと去年、米国の独立リーグでプレーしていた時はチェンジアップよりもフォークに反応できる打者が多かったんですが、メキシコは逆でした。アッパースイングの選手が多く、高めの直球はほとんど打たれないんですが、低めの厳しいコースに関しては日本の打者よりも打つのが上手い。三振を恐れずにフルスイングしてくるんですよ。各チームの主軸を担っている選手には、日本でプレーしていたことのある選手も多かったですね」

――打者は日本よりもレベルが高い?

「技術力はすごいなと思います。野手は打つことしかやっていないので、守備や走塁の技術は日本よりも低いですが、打撃に対するアプローチは工夫して時間をかけている。対戦すればするほど慣れてくるし、日本人は何とかいい球をファールで粘って逃げようとするけど、彼らはいい球を全部仕留めにくる。打線は下位まで気が抜けませんでした。

 日本人は難しい球を打つことを諦めてしまっているけど、メキシコの選手はどんなに難しい球でも打つことを諦めない。それはすごく大事なことで、自分の能力を伸ばそうと思ってやっているうちは伸びるけど、初めからまとめに入ってしまうと、伸びが止まってしまう。でも彼らは常に伸びることを求めてやっているから、日本人よりもしっかりとボールをとらえ、遠くへ飛ばすということに優れているのは当たり前だと思いました。日本人は甘い球を確実に仕留める訓練をしているけど、外国人はそれは訓練してないからできない。そもそもやっていること、目指していることが違うんです」

――つまり日本と同じようには打ち取れない?

「はい。そうなんです。だから、めちゃくちゃ三振も取っているけど、打たれてもいるんです。日本だったら三振をたくさん取っていれば、防御率も良くて、ほかの数字も全ていいとなるんですけど、メキシコは違う。三振は取っているけど数字が悪い、という日本ではありえないことが起こるんですよ。日本は三振は打者との力の差で取っているけど、メキシコは力の差ではなくて、三振か本塁打かのところでやっていて、三振するような球を本塁打にしようとしてくる。これは米国の時も感じましたが、メキシコでより感じるようになりました。

 対応力もあり、何回か対戦すると、三振する球を振らなくなってきて、三振しないぞという意識を明確にして対応してくる。日本人はファールで逃げるけど、彼らはその球を見極めて打とうとしてくる。2、3打席目での対応力が日本人よりもあるのは、諦めていないから。それは見習うべきところだと思います。日本人の打者は30歳くらいまでに自分のスタイルをまとめていくけど、メキシコの選手は何歳になっても最後の最後まで自分の飛ばす能力を最大限伸ばそうとしてくる。伸びしろはすごいなと思います。日本人にできないことができるという魅力がありますね」

――ボールの違いは?

「日本のボールと比べて指にかかりづらく、投げにくかったですね。しかも乾燥している土地が多いので、ボールの表面も乾燥していますし、気をつけないと肘にくる。今年はボールがローリングス社製からフランクリン社製に変わり、より打球が飛ぶようになったと言われていて、本塁打の数も約1.5倍に増えたそうです。あまりに打球が飛ぶので、リーグの会長が報道陣の前で、球宴開けのシーズン後半から去年と同じ製法のボールに戻すと明言したそうなんですが、結局ボールは変わりませんでした」(続く)(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)

関連記事(外部サイト)