【大学野球】ドラ1候補の明大・森下暢仁に独占インタ 弱さ克服した4年間「早くプロでやりたい」

【大学野球】ドラ1候補の明大・森下暢仁に独占インタ 弱さ克服した4年間「早くプロでやりたい」

ドラフト1位候補に名前が挙がる大学NO1投手、明大・森下暢仁【写真:荒川祐史】

ドラフト直前インタビュー、主将を任されたことで人間力を培った

 今秋のドラフト1位候補に名前が挙がる明大の森下暢仁投手。大分・大分商時代から高校日本代表に選ばれる逸材だったが「プロで通用するか不安だった」と同級生がプロに進む中、明大に進学。着実に力を付け、4年春のリーグ戦を5季ぶりに制し、全日本大学野球選手権では38年ぶりとなる優勝を成し遂げた。大学NO1投手の称号を手にし大船渡・佐々木朗希投手や星稜・奥川恭伸投手らと並んでスカウトの評価はトップクラス。「今は早くプロでやりたい」と不安を自信に変えた4年という月日を振り返った。

 大分・大分商では、甲子園大会での登板はないもののU-18日本代表に選出されるなど、当時から注目を集めていた。しかし、プロ志望届を提出せず明大に進学。4年春のリーグ戦では4勝1敗、防御率2.03の好成績でチームを優勝に導き、全日本大学野球選手権でも日本一に輝いた。

「リーグ戦の初戦を落とした時はストレートを打たれてしまっていたので、変化球をしっかり投げきることを意識したら内野ゴロが増えました。真っ直ぐには自信があったので、真っ直ぐで押すところは押していこうと思っていたのですが、痛打されることがありました。変化球を上手く使えたことが、春はよかったんじゃないかなと思います」

 球速も変化球も高校の時とは全く違うものになったと手ごたえを感じている。下級生の時は勝利数を伸ばすことができずに悩んだこともあったが、4年春に結果を出したことで、ようやくプロへ行ける確信を掴んだ。

「それまでは全然、勝ててなくて、上手くいっていませんでした。この春、結果が出れば、自信になると思っていた。春の結果で自分はほっとしたというのが一番です。高校の時に比べたら今のほうが自信をもってプロでやりたいなと思えている。今はプロで早くやりたいです」

主将としてもチームを引っ張る森下、見本にしたのは自身と同じく投手兼主将を務めた柳裕也

 大学で成長したのは、ピッチングだけではない。チームでは主将を務めるため、人前で話をする機会も多い。話す内容を考えるようになったことで、野球でも考えてプレーすることができるようになった。

「人前でしゃべるのが得意じゃないので、それがきつかったです。前日に考えて、みんなと話をしてヒントもらったりして、最初に比べればまぁまぁ上手くなったかなと思います。ピッチングもそうですし、人としていろんなことを考えられるようになりました」

 1年生の時、自身と同じく投手で主将を務めていた柳裕也投手(中日)から学ぶことが多かった。柳は4年生の時に春・秋リーグ戦優勝、明治神宮大会でも優勝し、結果を出した者が上に立って引っ張っていくということを自らの姿で示していた。

「柳さんたちは見本となる4年生でした。結果を出してやるべきことやっていないと周りはついてこないし、言えない。あの代は柳さんだけでなく4年生が率先して動いていました。なので、バッティングの準備など自分が率先してやりました。人前でしゃべることも、プレーも、責任をもってやったらみんながついてきてくれた。やるべきことをしっかりやればいいということがわかりました」

 14日から秋のリーグ戦が開幕した。リーグ戦期間中にドラフトを迎えるが、「今やることをやっていれば結果はついてくると思っている」と、特に意識はしていない。4年間でピッチングだけではなく、人としても成長を遂げた右腕は、大学生活を春秋連覇という最高の形で締めくくるため、神宮のマウンドに立つ。(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)

関連記事(外部サイト)