西武平井、79試合登板でパ記録更新 58年前の稲尾とは全く異なる記録の内容

西武平井、79試合登板でパ記録更新 58年前の稲尾とは全く異なる記録の内容

西武・平井克典【写真:荒川祐史】

1961年の稲尾は78試合登板で投球回は404イニングを記録

 西武の平井克典は、9月21日の楽天戦に2番手で登板し、敗戦投手となった。平井は今季79試合目の登板。これは、1961年の西鉄・稲尾和久の78登板を58年ぶりに更新するパ・リーグ記録だった。

 とはいっても58年前の稲尾の記録と、今年の平井の記録は、内容が全く異なるものだった。

○パ・リーグのシーズン登板数5傑と投手成績 

1 平井克典(西武)2019年 79登板 5勝4敗0セーブ35ホールド 80回2/3

2 稲尾和久(西鉄)1961年 78登板 42勝14敗 404回

3 稲尾和久(西鉄)1959年 75登板 30勝15敗 402回1/3

4 武田久(日本ハム)2006年 75登板 5勝3敗3セーブ40ホールド 81回2/3

5 島原幸雄(西鉄)1956年 74登板 25勝11敗 373回2/3

5 稲尾和久(西鉄)1963年 74登板 28勝16敗 386回

 今年の平井はセットアッパーとして35ホールドを記録しているが、投球回数は80回2/3。これまでのパ・リーグ記録を持っていたライオンズの大先輩、稲尾は404回を投げて、NPBタイ記録の42勝を挙げている。稲尾はこの年、30試合に先発したほか、48試合で救援登板している。今の投手数人分の仕事を一人でやっていたわけだ。

 1984年に阪神の福間修が稲尾のシーズン登板記録に迫った時に、「記録の神様」と言われたジャーナリストの故・宇佐美徹也氏は、2つの記録を単純比較することに疑問を呈していた(福間は1試合少ない77登板でシーズン終了)。

 昭和中期の野球と現在の野球では、投手の起用法が大きく異なっている。シーズン登板数は、単純比較が難しい記録だということができよう。昭和中期の西鉄は、三原脩監督が稲尾など一部の投手を先発、救援でフル回転させて黄金時代を築いてきた。現在のパのシーズン登板数5傑の中にも、稲尾、島原の記録が4つランクインしている。

NPB記録ではセ・リーグの投手が上位を占める、1位は阪神久保田の90試合登板

 しかし、NPB記録で見ると、また様相が大きく変わる。

○NPB シーズン登板5傑

1 久保田智之(阪神)2007年 90登板 9勝3敗0セーブ46ホールド 108回

2 藤川球児(阪神)2005年 80登板 7勝1敗1セーブ46ホールド 92回1/3

3 久保裕也(巨人)2010年 79登板 8勝1敗1セーブ32ホールド 91回

3 浅尾拓也(中日)2011年 79登板 7勝2敗10セーブ45ホールド 87回1/3

3 平井克典(西武)2019年 79登板 5勝4敗0セーブ35ホールド 80回2/3

 90試合に登板した2007年の久保田を筆頭に、セ・リーグのセットアッパーが上位を占め、平井は3位タイである。

 セ・リーグの救援投手は、パ・リーグよりも登板試合数が増える傾向にある。DH制があるパの先発投手は、より長いイニングを投げることが多いため、救援投手の登板機会が少なくなるからだと言われている。

 今季の西武はあと3試合ある。優勝がかかった重要な試合だ。平井が登板する可能性は高いだろう。あと2試合で単独史上2位になる。今後の登板に注目したい。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)