広島會澤が劇的サヨナラ打、連敗止め2位DeNAに1差 中日はビシエド9回同点弾も…

広島會澤が劇的サヨナラ打、連敗止め2位DeNAに1差 中日はビシエド9回同点弾も…

広島・曾澤翼【写真:荒川祐史】

広島は連敗4でストップ、中日は4連勝で止まり3位広島と2.5差に広がる

■広島 4-3 中日(23日・マツダスタジアム)

 広島は23日、本拠地・中日戦に4-3で延長10回サヨナラ勝ち。連敗を「4」で止めた。9回に2点差を追いつかれたものの、延長10回に會澤がサヨナラ打で劇的勝利。この日、試合のなかった2位DeNAに1ゲーム差に迫り、4位中日とのゲーム差を「2.5」に広げた。

 今季限りでの現役引退を表明している永川の15年ぶりの先発登板で幕を開けた一戦。永川は先頭・大島を141キロ直球で一ゴロに仕留め、ベースカバーに入ってアウト。有終の美を飾り、大瀬良が“2番手”としてマウンドに上がって京田を二ゴロ、福田を見逃し三振に仕留めた。

 その裏、広島は2死から鈴木が二塁打を放つと、大野雄の暴投で三塁へ。ここで長野がセンター前に弾き返し、前回登板でノーヒットノーランを達成した左腕から先制に成功した。

 大瀬良は2回1死から高橋に左前打を許したものの、その後は5回まで無安打投球。しかし、広島も追加点を奪えないでいると、大瀬良は6回に2死二塁のピンチを招き、福田に左前適時打を浴びて同点とされた。

 それでも、広島は3番手の菊池保が8回を3者凡退に抑えると、その裏に2死満塁のチャンスを作り、長野が大野雄から押し出し四球を選んで1点を勝ち越した。中日はここで福をマウンドに送ったが、松山は遊撃への適時内野安打でさらに1点を奪取。2点差とした。

 だが、9回に守護神フランスアがビシエドに同点2ランを被弾。土壇場で追いつかれてしまう。試合は延長に突入。10回、広島は1死から鈴木が内野安打で出塁し、長野が右前打を放ち1死一、二塁に。鈴木が三盗を決めて一、三塁とすると、坂倉は四球で満塁に。ここで會澤がサヨナラ打を放ち、劇的勝利で連敗を止めた。

 中日は大野雄が8回途中3失点の力投。打線は土壇場9回にビシエドの2ランで追いついたが、最後はマルティネスがサヨナラを許して4連勝でストップ。クライマックスシリーズ圏内の3位広島との直接対決を落とし、2.5ゲーム差となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)