給与未払い、偽札、治安…元DeNA久保康友が明かす“波乱万丈”だったメキシコ生活

給与未払い、偽札、治安…元DeNA久保康友が明かす“波乱万丈”だったメキシコ生活

監督(右)、投手コーチ(中央)から勝利を祝福される久保康友【写真:球団提供】

今季からプレーしたメキシコは「契約事項すら守らない国」、生活では衝撃的な出来事が続々…

 メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンで今シーズン初めてプレーした元DeNAの久保康友投手。開幕投手を務め、チームのエースとしてフル回転した右腕は、26試合に登板して8勝14敗、防御率5.98。いずれもリーグトップの152投球回、154奪三振をマークした。

 初めてのメキシコでの生活では、予想を上回る“アクシデント”が続出。チームの組織がしっかりしておらず、通訳の給料に偽札が入っていたという衝撃的な出来事も。ベテラン右腕がメキシコで経験したこととは……。シーズンを振り返るインタビューの最終回は【生活編】。

――メキシコでの生活はどうでしたか?

「去年、米国の独立リーグでプレーしていた時に、いろんな選手から『メキシコは適当な国だからやめとけ』って言われたんです。日本人と比べて適当なアメリカ人ですら行きたがらないリーグって、いったいどんなところなんだろうと興味を持った。いろいろ驚くことがあるだろうなとは思っていましたが、予想を上回るような出来事が毎日起きました。メキシコは契約事項すら守らない国なんだと思いました」

――例えば?

「契約では、チームが用意した住居に住むことになっていたんですが、チームが家を用意してくれず、自分で部屋を探しました。開幕前には入居できるという話だったんですが、手続きを一向に進めてくれず、入居できたのは開幕から2週間後。しかも、いつまでたっても契約に必要な書類を用意してくれず、家賃の支払いも期日までに行われないことばかりで、マンションのエレベーターに乗るためのセキュリティカードの使用を2度止められました。チームが必要書類を用意しないため、居住証明を出してもらえず、免許証の切り替えもできませんでした。休日にレンタカーでドライブに行きたかったんですが、それも実現できませんでした。

 労働ビザも、メキシカンリーグの選手はチームがビザを申請中であれば、取得前でもプレーできるそうなんですが、チームは結局申請をしただけで、何度頼んでもビザを取りに行かせてくれない。メキシコでは外国人は常に身分証の携帯を義務づけられているのですが、ビザがなく、居住カードがもらえなかったため、常にパスポートを持ち歩く生活でした。うちのチームの外国人選手は誰1人、ビザを取得していません」

――オーナー会社が変わったばかりだった影響なのでしょうか?

「それもあると思います。ほかのチームの選手は開幕前やシーズン中にビザを取得していますし、お金のあるチームは環境もいい。例えば、メキシコシティのディアブロスにいた横山くん(元楽天の横山貴明投手、現BCリーグ福島)は『もっといろいろ大変だと思っていたけど、来てみたらチームの環境が日本と変わらない(くらいいい)ことにビックリした』と話していましたし、他のチームの選手は開幕前やシーズン中にビザを取得している。GMによって、こうも違いがあるんだなと……。

 細かい精算とかも、チームにお金はあるはずなのに、払う払うと言いながら、実際は面倒くさがって逃げて払ってくれなかったし、行ったチームが悪かったなと思いました。創設されて1年目のチームやオーナー会社が変わって1年目のチームは組織がしっかりしていないから行かないほうがいいよ、と後になって球界関係者の方から助言を受けましたが、まさにうちのチームがそれでした。

 マンションもそうで、新築だから見た目はしっかりしていましたが、シャワーに適温がなく、熱いか水か。キッチンの換気扇も音がうるさく、エアコンは3台とも水漏れ。工事を頼んでも約束の時間よりも遅れてくるし、来ないこともある。1台は直してもらったら今度は逆側から水漏れが始まりました。全然直らないから工事の人、計7回くらい来ましたよ。マンションもチームと同じで、1年目のところは部屋の内部が整備されていないからやめておけと帰国直前に現地在住の日本人の方に言われましたが、本当にそうだなと思いました」

「僕の通訳に手渡された給料には、偽札が含まれていたこともありました」

――給料の支払いは?

「月に2回支払われていたのですが、ほとんどが遅延で、給料日当日に入金されたのは1回だけでした。前半戦を4位以内で折り返した場合は半月分のボーナスが出ると球団幹部が言っており、当初は分割で支払われるという説明だったのですが、未だに支払われていません。僕の通訳に手渡された給料には、偽札が含まれていたこともありました。メキシコでは偽札も普通に流通しているそうで、それを見たメキシコ人の選手たちは『偽札はトランプのジョーカーみたいなもんだからね』と言って、驚きもしなかったことに驚きました」

――治安は?

「危険だと言われる場所には行かず、夜は1人では出歩かないようにしていたので、危ない目には遭っていません。ただ、チームメートには、試合後タコス屋で夕食を食べている最中に車上荒らしに遭い、車の窓ガラスを破られ、遠征用のチームのバッグを盗まれた選手もいました。あとメキシコではないですが、治安の悪いベネズエラ出身の選手で、5年前に地元のスーパーマーケットのATMで現金を下ろした直後に銃で撃たれ、銃弾3発が体に命中。うち2発は脇腹から腹部にかけて貫通し、1発はいまだに銃弾が体内に入ったままという選手もいました。今でも登板中に腹痛に襲われることもあるそうです」

――そんな中でも観光も楽しんでいたそうですね。

「はい。シーズン中に観光に時間を注いだり、ケガをする可能性があることをするなんて、日本でやっていた時はありえないことでしたし、例えば海もスノボもずっと我慢していたんです。でも、せっかく海外にいるんだし、こっちの選手はオンとオフをはっきりと切り分けているので、野球のために全てを我慢することはやめて、自分も解禁しました。日本にいた時は野球とそれ以外が9対1の割合でしたけど、今はその逆で1対9。もちろん、投げる時はスイッチをオンにして全力で投げてますけどね。

 キャンプ中は練習後、毎日近郊の町を半日観光をしていました。シーズン中も、遠征先の観光地を調べて、練習に出発するギリギリまで遺跡や街の観光を楽しんでいました。先発する日も投げる2、3時間前まで観光したり、登板翌日、朝3時半に起きて、4時にホテルを出て早朝発のバスで遺跡に行ったり、セノーテで泳いだり……。一緒に行った通訳がバスで寝てしまい、ピラミッドのテオティワカンで降りるはずが、乗り過ごしてしまったこともありましたね」

――メキシコに住んでみて日本の良さを再確認したことは?

「日本のきっちりしているところはすごいと思いました。これを話すと教育の話にまでなってしまうんですが、日本の教育って天才も作らないけど落ちこぼれも作らせない教育をするじゃないですか。『この漢字10回書きなさい、できましたか?』って。全員同じことをさせられることについて、日本にいた時は『何でこんなことさせられんねん?』って思っていたけど、メキシコで生活していて、彼らが言われたことを覚えて行動に移せないことに驚いたんです。

 信じられないんですけど、遠征先のホテルの朝食で卵料理を食べたい時に、例えば卵を3個使って、トッピングにトマトと玉ねぎとチーズって頼むじゃないですか。それが、どのホテルで頼んでも、使う卵の数も違うし、頼んだ通りのものが出てこない。最初は『こいつら何でやらへんねん!』って思っていたけど、よくよく観察してみると、言われたことを単に覚えられず、行動に移せていないんです。中にはメモしているのに、その時点で間違っている。記憶能力の問題。自分は日本の義務教育の恩恵を受けていたから、訓練されていて落ちこぼれなかったんだなと感じました。

 メキシコでは貧富の差もあり、子供を学校に行かせずに若くから働かせる親もいるし、教育も日本ほどしっかりしていない。だから、子供の頃からホンマに好き勝手やっていたら、超天才か、何も覚えられない人間になるか、どっちかになる。日本の教育は、僕のようなできない奴にとってはすごい助け舟だったんだなと思いました」

――自身の今後については。

「レールの上に乗ったら面白くないので、流れのままに、思いつくままにやります。今は面白いからまだ野球がやりたい。でも来年になったらもう飽きたと言うかもしれません。今の気分はやる方向でいますけど。ウインターリーグはドミニカ共和国、コロンビア、パナマなど中南米の他の国でもやりたいし、夏にリーグがある欧州で文化の違いも知りたい。

 今はまだ行きたいリーグがたくさんあるので、オファーのことを考えると、プレーするリーグのレベルは下げないほうがいいと思っているから、まだ欧州には行かないですけど、いろんなことを想定しながら、引き続き海外で野球を楽しんでいきたいですね。ほかの国でもまた違った野球の見方ができると思うし、野球も私生活も観光も楽しみたいと思っています」(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)

関連記事(外部サイト)