広島がDeNAと1ゲーム差、中日5位転落 巨人は古川が移籍後初勝利…23日のセ・リーグは?

広島がDeNAと1ゲーム差、中日5位転落 巨人は古川が移籍後初勝利…23日のセ・リーグは?

DeNAのアレックス・ラミレス監督(左)と広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

巨人古川は2番手で登板し3イニングを無安打無失点5三振に封じるパーフェクトリリーフ

 セ・リーグは23日、各地で2試合が行われ、巨人と広島が勝利した。阪神とDeNAは試合がなかった。

 巨人は敵地・神宮球場でヤクルトと対戦し9-5で逆転勝利を飾った。岡本の31号2ランなどで3回までに4点を奪うも、先発の今村が4回までに5点を失った。1点ビハインドで迎えた8回、阿部の6号ソロで追いつくと、大城が2者連続本塁打を放って勝ち越し。9回には増田大、岡本の適時二塁打などでリードを広げた。2番手の古川が5回から3イニングをパーフェクトに封じ移籍後初勝利を飾り、巨人はV決定後初の白星となった。

 広島は本拠地マツダスタジアムで中日と対戦し、4-3で延長10回サヨナラ勝ちを飾った。1-1で迎えた8回、小園の二塁打を皮切りに1死満塁のチャンスを作る。鈴木は二飛に倒れて2死となったが、長野が押し出し四球、松山が適時打内野安打を放ち2点を勝ち越した。9回、フランスアがビシエドに同点2ランを食らい延長戦に持ち込まれたが、延長10回1死満塁で會澤が中前へ落ちるサヨナラ適時打を放って激戦に終止符を打った。広島は2位DeNAに1ゲーム差とし、3位確保にも前進。サヨナラ負けを喫した中日は5位に転落し、逆転でのCS進出へ後がなくなった。

→1 巨人 140試合76勝62敗2分 優勝
→2 DeNA 140試合70勝67敗3分 5.5
→3 広島 142試合70勝69敗3分 1.0
↑4 阪神 139試合65勝68敗6分 2.0
↓5 中日 138試合66勝70敗2分 0.5
→6 ヤクルト 141試合58勝81敗2分 9.5(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)