【MLB】エンゼルス、オースマス監督を3年契約1年目で電撃解任 大谷翔平の起用法に影響か

エンゼルスがブラッド・オースマス監督を今季限りで解任 大谷翔平の起用法にも影響か

記事まとめ

  • エンゼルスは日本時間1日、ブラッド・オースマス監督を今季限りで解任したと発表した
  • ビリー・エプラーGMは「難しい決断ではあるけど、別々の道を歩むことに」とコメント
  • 新監督の候補には、今季限りでカブス監督を退任したジョー・マドン監督が挙がっている

【MLB】エンゼルス、オースマス監督を3年契約1年目で電撃解任 大谷翔平の起用法に影響か

【MLB】エンゼルス、オースマス監督を3年契約1年目で電撃解任 大谷翔平の起用法に影響か

エンゼルスの指揮官だったオースマス監督【写真:Getty Images】

新監督候補にはカブス監督を退任した名将・マドン監督が浮上している

 大谷翔平投手が所属するエンゼルスは9月30日(日本時間1日)、ブラッド・オースマス監督を今季限りで解任したと発表した。3年契約1年目の電撃解雇。ビリー・エプラーGMは「オースマスには2年間アシスタントやマネージャーとしてとても感謝している。1番厳しいシーズンと言っても過言ではないほどのシーズンを品格を持ってうまく導いてくれた。大変難しい決断ではあるけど、別々の道を歩むことに決めた」とコメントした。

 オースマス監督は現役時代にタイガース、アストロズなどで捕手として活躍。99年にオールスター戦のメンバーに選ばれ、01、02、06年にはゴールドグラブ賞に選ばれている。10年の現役引退後は14年から17年までタイガース監督を務め、18年はエンゼルスのGM特別補佐を務めていた。

 2000年から19年間指揮を執ったマイク・ソーシア監督の後を受けた今季は、課題だった投手陣を整備できずに72勝90敗。チームが90敗以上を喫したのは70勝92敗だった1999年以来20年ぶりで、試合後に「厳しい1年だった」と肩を落としていた。

 新監督の候補には、これまで3度の最優秀監督賞を受賞し、今季限りでカブス監督を退任したジョー・マドン監督が挙がっている。外野手4人シフトなど常識にとらわれない采配で、16年にカブスを108年ぶりの世界一へ導いている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)