ヤクルト、池山隆寛氏の2軍監督就任を発表 2015年以来、5年ぶり古巣復帰

池山隆寛氏、ヤクルトスワローズの2軍監督に就任 5年ぶりにヤクルト復帰

記事まとめ

  • ヤクルトスワローズは、池山隆寛氏が2軍監督に就任することが決定したと発表した
  • 5年ぶりの復帰となる池山氏は、過去にゴールデングラブ賞やベストナインにも輝いた
  • 引退後は2006〜09年に野村克也監督の元で楽天イーグルスで1軍打撃コーチを務めた

ヤクルト、池山隆寛氏の2軍監督就任を発表 2015年以来、5年ぶり古巣復帰

ヤクルト、池山隆寛氏の2軍監督就任を発表 2015年以来、5年ぶり古巣復帰

ヤクルトの2軍監督に就任することが決定した池山隆寛氏【写真:荒川祐史】

現役時代にはヤクルトで5度のベストナイン

 ヤクルトは3日、池山隆寛氏が10月3日付で2軍監督に就任することが決定したと発表した。5年ぶりのヤクルト復帰となる。

 池山氏は1983年ドラフト2位でヤクルトに入団。88年から5年連続で30本塁打以上をマークすると、92年には遊撃手としてゴールデングラブ賞を受賞。ベストナインにも88、89、90、92、93年と5度輝いた。

 02年に引退後、06〜09年に野村克也監督の元で楽天で1軍打撃コーチを務め、11年からヤクルトでコーチを務め、16年から再び楽天のコーチに。18年には2軍監督を務め、同年限りで楽天を退団していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)