楽天・平石監督、ソロ4発快勝に目細める「割り切ったバッティングをしてくれた」

楽天・平石監督、ソロ4発快勝に目細める「割り切ったバッティングをしてくれた」

楽天・平石洋介監督【写真:福谷佑介】

浅村が2本塁打、オコエ、茂木もソロで続き4本塁打で千賀を攻略

■楽天 5-3 ソフトバンク(CS・5日・ヤフオクドーム)

 楽天が“下克上”での1stステージ突破に王手をかけた。5日、敵地ヤフオクドームでの「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージ初戦のソフトバンク戦。初回浅村の先制ソロを皮切りにソロ本塁打4発でソフトバンクを沈め、平石洋介監督は「ヒデ(浅村)がね、固くなるところで1打席目で仕留めてくれた。割り切ったバッティングをしてくれた」と目を細めた。

 初回、いきなりソフトバンク先発の千賀から浅村がソロ本塁打を放って1点を先制した。先発の則本昂が今宮、内川に本塁打を浴びて逆転されたものの、3回にオコエ、5回には浅村がこの日2本目となるソロ本塁打を放って同点においついた。7回には茂木がこの日チーム4本目となるソロを放って勝ち越しに成功した。

 9回には浅村の適時内野安打で1点を加えてソフトバンクを沈めた。指揮官は「千賀なんてのは、多少目付けをあげるとかではどうしようもない。空振りを恐れずに狙い球を仕留めていくこと」と、思い切って積極的に打ちに行き、千賀から4発を放った打線を褒め称えた。

 先発の則本昂は序盤に3点を失ったものの、3回以降は粘って無失点。6回まで5安打3失点で繋ぐと、その後は宋家豪、森原、松井のリレーで逃げ切り、指揮官は「ノリは3点は取られたけど、良く立ち直った。家豪が勢いを止めてくれて、こっちに持ってきてくれた。森原は固くて腕縮こまってましたけどね」と、相手の反撃を凌いだ投手陣の力投も称えていた。

 大事な初戦に先勝し、西武が待ち受けるファイナルステージ進出に王手をかけた楽天。この日のヒーローだった浅村は「大きい1勝になった」と頷く。6日の第2戦はソフトバンクを得意とする美馬学投手が先発。一気に“下克上”突破を決める。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)