【高校野球】亡き名将の思いを受け継ぐ3人の指導者たち 秋季全道大会が6日スタート

【高校野球】亡き名将の思いを受け継ぐ3人の指導者たち 秋季全道大会が6日スタート

強豪を撃破し全道大会に挑む鵡川ナイン【写真:石川加奈子】

鵡川は今夏に続く2季連続で全道大会出場

 来春のセンバツにつながる第72回秋季全道高校野球大会が6日、札幌円山で開幕する。10支部の予選を勝ち上がった20校が頂点を目指す中、ハンデを乗り越えた鵡川に注目している。

 昨年9月の北海道胆振東部地震で震度6強の揺れに襲われ、野球部寮が半壊した。今も全選手が選手寮タイプの仮設住宅で暮らしている。被災のハンディを乗り越え、室蘭支部代表決定戦では駒大苫小牧を延長10回、2-1で撃破。今夏に続く2季連続の道大会出場を決めた。

 歓喜したむかわ町民の多くが、目に見えない力を感じていた。02年センバツ初出場時のエースだった鬼海将一監督が、01年秋に駒大苫小牧を倒した時も延長10回、2-1と全く同じスコアだったからだ。相手の駒大苫小牧は当時夏の甲子園帰り、今夏も2年生エースの北嶋洸太を擁して南北海道大会4強入りし、優勝候補だった。

 試合前夜、一部選手に当時の試合のビデオを見せた鬼海監督は「スコアまで全く同じで驚きました。佐藤先生が降りてきて、力を貸してくれたんだと思います」と8月19日に79歳で亡くなった佐藤茂富元監督の名前を口にした。80〜90年代に砂川北(現砂川)を春夏3度の甲子園出場に導いた佐藤元監督は57歳で鵡川に赴任し、弱小チームをセンバツ出場3度の強豪に育て上げた。恩師が掲げた元気、本気、一気の三気野球と究極の全力疾走は今でも鵡川の礎になっている。

開会式が行われる6日は奇しくも佐藤元監督の四十九日

 開会式が行われる6日は奇しくも佐藤元監督の四十九日にあたる。阿部柊希主将(2年)が選手宣誓の大役を引き当てたのも不思議な縁だ。「人間的に強くならないと、グラウンドでも強くなれないと心の野球を説いた方。佐藤先生の思いを感じながら、全力野球、そして震災で支えてくれた方々に対する感謝の思いを伝えたいです」と阿部主将は語る。

 実は、佐藤元監督と縁が深いのは鵡川だけではない。04、09年に鵡川の部長を務めた滝川西の小野寺大樹監督は空知支部予選代表決定戦の前日に「明日、茂富先生が来てくれないかなぁ」とつぶやいた。頼りにしていた左腕を骨折で欠く中、個々の力では上回るクラークに4-1で逆転勝ち。「ライナーアウトが多く、神がかっていた」という試合で全道大会出場を決めた。

 11〜12年に鵡川の部長として佐藤元監督とコンビを組んだ函館工の山本裕也監督は、函館支部を勝ち抜くと男泣きした。野球はもちろん人としての道を教わった恩師の訃報に触れ、何としても全道大会に出場したいという思いがあった。函館支部代表決定戦の函館ラサール戦は初回いきなり5点を奪われた後、猛打で逆転してコールド勝ち。「茂富先生が(白星を)呼んできてくれたんだなと思います」としみじみと語る。

 道立校で半世紀に渡って指導にあたり、北海道の野球界に影響を与えた名物監督の教えを受け継ぐ3人の指導者。恩師への思いを胸に秘め、大会に臨む。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)